文化放送HPへ 番組審議会
 

平成21年10月27日に行われた第362回文化放送番組審議会について御報告致します。今回は、毎週日曜日の午後5時30分から5時40分放送の「三井生命イブニング・カフェ」について審議致しました。
日曜日の夕方、文化放送アナウンサー石川真紀が、月替わりの女性ゲストをお迎えし、女性同士の気軽なお喋りで、ゆったりした時間を作り出します。
では、おもな意見をご紹介しましょう。

○ 聴きっぱなしにする番組と、聴いた後に興味が残り調べてみたりする番組とがあるが、この番組は後者だ。短い時間をいかに聴かせるかは難しいが、こうして尾を引く番組は良いと思う。話にもう少し深く突っ込む場面があるともっと良かった。

○ 紹介、トーク、音楽、などを、10分間に凝縮したため、やや消化不良だ。近くのカフェとタイアップして、放送時間を長くしたり、そのカフェから公開放送をするなどしては、どうか。石川アナは、企業イメージに合っていて上品で良い。

○ 短い番組なので説明の足りない部分が出る。ひとつの話をふくらませるほうが良い。CMが番組によく合っている。

○ 毎回同じCMの印象が強いが、番組の、ゆったり・まったり感を目指すなら、CMに変化をつけた方が良い。石川アナの繊細な声は心地よい。

○ 上品なテイストで一貫している。内容がシンプルでストレートで素直だ。10分間でいろんなことが出来るのだと感じた。長く続けて欲しい.番組だ。

○ ゲストに未完の大器の人、素人で良い活動をしている人など選択して出すなど、特徴づけるとよいのではないか。30分番組にするとか、ワイド内にいれるとかした方が聴き続けやすい。

○ 10分という短時間での構成が、むずかしい。エピソードをひとつに絞ってコラム的につくってはどうか。

○ 気楽にリラックスして聴ける。相手を構えさせない石川アナの、美しい日本語、素直できれいな声が良い。聞き手のイマジネーションをかきたてる番組だ。

○ 短い時間だが、なかなか聴き応えがある。しゃれた感じの番組だ。

9人の委員が以上のような意見を述べました。
番組審議委員の意見を参考に、さらに皆様にくつろいでお楽しみ戴ける番組にして参りたいと思います。

   第362回文化放送番組審議会の出席委員は以下の方々です。
     黒井千次委員長・加藤タキ副委員長・松尾羊一・四方洋・白井勝也
寺尾睦男・弘兼憲史・松永真理・荒川洋治の各委員(敬称略)

平成21年11月13日
文化放送番組審議会事務局






Copyrightc2007,Nippon Cultural Broadcasting Inc. All right reserved.
TOPに戻る 関連会社 個人情報 番組審議会 放送基準 採用情報 番組史 組織図 社長挨拶 会社概要 TOPに戻る お知らせ 文化放送HPへ