文化放送HPへ 番組審議会
 

2月28日に行われた第385回 文化放送番組審議会について御報告いたします。
今回は、このお正月1月2日、箱根駅伝・往路中継の後、午後2時30分から3時30分に放送されました「文化放送 新春ビッグ対談〜内川聖一・中村剛也(たけや) 僕らのベースボール〜」について審議致しました。
この番組は、2011年パリーグ首位打者・福岡ソフトバンクホークスの内川聖一と、 本塁打・打点の二冠に輝いた西武ライオンズの中村剛也(たけや)の二人が、これまでの野球生活や打撃論などを語った特別番組です。

主な意見をご紹介します。

○ ホームランバッターとヒットメーカーとの違いや共通項、パリーグの活性化のわけが、よくわかり大変楽しめた。一流選手の育て方は、教育や職場での部下の指導にもつながるところがあって興味深い。

○ 対談と言うより一問一答形式で広がりがない。野球ファンとしては、面白かったが野球に添いすぎて、わかりにくい部分があった。もっと話題を広げて新春の番組らしさを出したかった。

○ 野球の秘策についてフランクに話しているのが面白い。プロが語るという番組が少ない中、良い番組だったが、これからの野球についての一言が欲しかった。

○ 野球に興味はないが内容は面白い。選手二人が向かい合わずに並んで、ナビゲーターに向いて喋っているのが、対談にならなかった原因のひとつだと思う。

○ タイプの違う二人の話は興味深いが、たわいない話題も入れて技術論を際立たせ、新春番組にふさわしいものにしたかった。一流選手が時には意見を聞き流し、我流で通すポイントには納得させられた。

○ 情報の面白さがスポーツ番組なので、この時期にお正月番組を語るのは難しい。 しかし、二人が好印象で内容は興味深いものだった。

○ 後ろに流れ続けるBGMが邪魔だ。もっとリラックスした場所で収録をして、くつろいだ中から本音を引き出したい。

○ 駅伝中継の後であり、お正月番組ということをふまえて、もっと一般的な話題を入れるべきだ。ハイレベルな内容だが、セリーグとパリーグの記録の違いなどトリビア的な説明も聴きたかった。

○ 対立する二つの気概と、パリーグならではの乾いた明るさが感じられた。テレビよりラジオのほうが話は面白い。パリーグとラジオという組み合わせが結びついて リラックスして楽しく聴けた。

9人の委員が以上のような意見を述べました。

こうした意見を、今後のスポーツ番組に活かしてまいります。 来春も恒例となりました「ビッグ対談」にご期待下さい。

第385回文化放送番組審議会の出席委員は以下の方々です。
黒井千次委員長・加藤タキ副委員長・松尾羊一・四方洋・ 白井勝也・
寺尾睦男・ 弘兼憲史・松永真理・荒川洋治の各委員 (敬称略)

平成24年3月14日 文化放送番組審議会事務局

Copyrightc2007,Nippon Cultural Broadcasting Inc. All right reserved.
TOPに戻る 関連会社 個人情報 番組審議会 放送基準 採用情報 番組史 組織図 社長挨拶 会社概要 TOPに戻る お知らせ 文化放送HPへ