文化放送HPへ 番組審議会
 

9月24日に行われた第401回 文化放送 番組審議会について御報告いたします。
今回は、毎週日曜日・午後1時から〜4時放送の「ピピッとサンデー WakuWaku Mix」を 議題に取り上げました。
この4月から始まった生放送のワイド番組で、MEGUMIさん、大久保佳代子さん、
LiLICoさん、小原正子さんの4人が週替わりで2名ずつ交代して『大人の女子会』を進行していきます。明日への活力になるような楽しい放送を心がけています。
では、8人の委員の主な意見をご紹介しましょう。

○30〜40代の女性をターゲットにしている企画や、パーソナリティーも良いが、当たり障りがないのでもう少し毒を出していいと思う。面白いし良いと感じるのは料理のコーナーとスイーツの紹介コーナーだ。詳しく的確な説明があるので、聴いているだけでも目に浮かび、理解しやすい。

○1社提供の3時間という恵まれた環境を、井戸端会議で流していくのは勿体ない。
料理は、美容、健康、日常に結びついているので、もっと料理を中心に展開していってはどうか。

○完全に女性向の話題が組んであり、男性リスナーには同感する部分がない。

○ゲストに男性を呼ぶとか、進行役の男性アナウンサーに出番をもっと与えるとか、
男性リスナーも参加できるような構成にしたい。

○女性ばかりで誰が喋っているのかわからない。アナウンサーが名前を振って整理してほしい。3時間という長丁場なのでインテリジェンスを刺激するような会話が有ると飽きずに聴ける。

○リスナーからのテーマに添ったメールやファックス紹介で、どこが面白いのかあまり反応がない。話を点から線につなげて、ふくらみを持たせて話を広げたい。

○説明がなく感想だけで進んでいくので、内輪だけで楽しんでしまいリスナーに届かない。FM放送のようで、もっとAMの文化放送らしさを出したい。

○女子会トークと割り切ってしまえば、「ながら」で気楽に聴けるが、生放送らしさが感じられない。テレビの人がテレビ的に喋る番組だ。ラジオであることを出演者もスタッフも意識したい。

○男にはよくわからないが、つまらないとは思わなかった。女性たちがワーワーやっていると、色気とはちょっと違う、ある種のエネルギーというのか、爽やかさというのか、何かしらありそうな気がして、結構楽しめた。

8人の委員が以上のような意見を述べています。

第401回文化放送番組審議会の出席委員は以下の方々です。 
黒井千次委員長・加藤タキ副委員長・白井勝也・寺尾睦男・弘兼憲史・
松永真理・荒川洋治・福本容子の各委員(敬称略)

 平成25年10月21日 文化放送番組審議会事務局

Copyrightc2007,Nippon Cultural Broadcasting Inc. All right reserved.
TOPに戻る 関連会社 個人情報 番組審議会 放送基準 採用情報 番組史 組織図 社長挨拶 会社概要 TOPに戻る お知らせ 文化放送HPへ