文化放送HPへ 番組審議会
 

 2月23日に行われた第425回文化放送番組審議会について御報告いたします。
議題には、毎週・月曜日の夜、9時30分から10時放送の「浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド」を取り上げました。
お金が大好きな声優・浅野真澄さん、そしてアニメが大好きな公認会計士・山田真哉さんが、具体的にわかりやすく、そして明るく、お金の話をしていきます。

では、審議委員の意見の概要です。

○ 明るく楽しいやりとりで、お金の話をしてゆく。実例をあげての質問は具体的だが、回答があいまいなので、はっきりさせたほうが良い。お金に対する観念が狭いので、もっと広くとらえれば話題が広がると思う。

○ 放送時間を考えると、得する話より、損をしない話をしたほうがニーズに合うのではないか。投資をあおってしまわないよう、冷静な注意もいれていきたい。引き出しの多い山田さんの話をもっと聴けるコーナーがあるとよい。

○ 難しいことをやさしく面白く話し、干支と経済の格言など、いろいろな話題で楽しめた。時機にあったテーマで、お金に対して、今どうすればよいのかを教えてくれると、さらに興味深い番組になる。

○ 番組の企画が甘い。「これは経費ですか」で、8分もかけてジャッジするもどかしさ、「後でこっそり教えて」というルール違反。言葉遣いにも気を付けたい。前向きな取り組みなので、企画を練り直せばもっと良い番組になる。

○ 軽妙なやりとりを通して楽しみながら学べる番組だ。リスナーに近い立場の浅野さんの質問も解りやすい。ただ、お金の話題は、メリットばかりを強調しすぎないよう気を付けなければならない。得をする裏には、損をしている人がいるところを押さえておきたい。

○ 二人のパーソナリティー以外の笑い声が始終入るのが気になる。経費についてのコーナーは確定申告をしない人にも役立つような構成にしたい。全体としては楽しく聴けた。

○ 浅野さんの明るさと山田さんの程よい軽さとが楽しく、相性が良い。ただ、経費かどうかのジャッジは税理士によって違ってくるので、そのあたりは断りをいれる配慮が必要だ。CMの最後に投資のリスクについての文言を入れているのは良いと思う。

7人の委員が以上のようにのべました。

文化放送番組審議委員は、委員長・弘兼憲史氏、副委員長・加藤タキ氏、委員・白井勝也氏、寺尾睦男氏、松永真理氏、荒川洋治氏、福本容子氏の7名です

(発言はこの順番ではありません。)

平成28年3月20日
文化放送番組審議会事務局

Copyrightc2007,Nippon Cultural Broadcasting Inc. All right reserved.
TOPに戻る 関連会社 お知らせ 個人情報 番組審議会 放送基準 採用情報 番組史 組織図 社長挨拶 会社概要 TOPに戻る 文化放送HPへ