« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月19日

リリース第68回

次回の上演作品 (2007年6月25日)
 ◆『一ふさのぶどう』              
        外国人の先生ばからりの学校に通う“僕”は
        ある時から、外国人のクラスメートの舶来の
        絵の具のことが気になって気になってしようが
        なくなります。そして“僕”は、とうとう、彼が机の
        中にしまってあった2本の絵の具をポケットの
        中に入れてしまったのです。
        (有島武郎原作より)
     
 <出演>  朗読  阪口大助
         


     
前回の上演作品 (2007年6月18日)
 ◆『メッセンジャー』              
        トップにのし上ることだけを生きがいに生きてきた、
        サラリーマンの島金。営業業績1位を上げることが
        できれば、次は課長の椅子が手に入ることが約束
        されている。そのためにあらゆる手段を講じる島金。
        ラストスパートをかける彼のもとに、「メッセンジャー」と
        名乗るものが現れて・・・・。
     
 <出演>  田中 一成 (島金 弘) / 佐藤 佑暉 (河瀬孝一)
         嶋方 淳子 (河瀬の妻) /川津 泰彦 (田山部長)
         佐藤 正治 (山田部長) / 菅谷  勇 (内宮社長)
         
         沼田 祐介 (メッセンジャー)

≪6月の上演作品 「メッセンジャー」≫
     □脚本      花崎 圭司


                          
                  
             


詳しい出演者情報はこちら 
          → 青二プロダクションのホームページ

投稿者 青山二丁目劇場 : 13:49 | コメント (0)

2007年06月17日

リリース第67回

次回の上演作品 (2007年6月18日)
 ◆『メッセンジャー』              
        トップにのし上ることだけを生きがいに生きてきた、
        サラリーマンの島金。営業業績1位を上げることが
        できれば、次は課長の椅子が手に入ることが約束
        されている。そのためにあらゆる手段を講じる島金。
        ラストスパートをかける彼のもとに、「メッセンジャー」と
        名乗るものが現れて・・・・。
     
 <出演>  田中 一成 (島金 弘) / 佐藤 佑暉 (河瀬孝一)
         嶋方 淳子 (河瀬の妻) /川津 泰彦 (田山部長)
         佐藤 正治 (山田部長) / 菅谷  勇 (内宮社長)
         
         沼田 祐介 (メッセンジャー)


     
前回の上演作品 (2007年6月12日)
 ◆『キラキラなココロ』 後編              
        中学校3年生の女の子・キヨには小学1年生のいとこ・
        りゅうくんがいる。その年齢に似合わい体型と大人びた
        言動でいつもみんなの人気者のりゅうくんは、終業式で
        「100万円の使い方」を問われ、「小さく切ってバラ撒く」と
        答えたのだそうだ。七夕集会で色紙を切ってバラ巻い時、
        みんなから「綺麗だ」と言われたからだというのだが・・・
        キヨはそのことが納得できないでいた。
     
 <出演>  井上 美紀 (キヨ) / 三輪 勝恵 (リュウ)
         川浪 葉子 (陽子・りゅうの母)
         坂口 哲夫 (昌利・りゅうの父)
         中  友子 (ユキ・キヨの母)
         龍田 直樹 (テツ・キヨの父)

≪6月の上演作品 「キラキラのココロ」≫
     □脚本      生西 聖治


                          
                  
             


詳しい出演者情報はこちら 
          → 青二プロダクションのホームページ

投稿者 青山二丁目劇場 : 04:24 | コメント (0)

2007年06月05日

リリース第66回

次回の上演作品 (2007年6月12日)
 ◆『キラキラなココロ』 後編              
        中学校3年生の女の子・キヨには小学1年生のいとこ・
        りゅうくんがいる。その年齢に似合わい体型と大人びた
        言動でいつもみんなの人気者のりゅうくんは、終業式で
        「100万円の使い方」を問われ、「小さく切ってバラ撒く」と
        答えたのだそうだ。七夕集会で色紙を切ってバラ巻い時、
        みんなから「綺麗だ」と言われたからだというのだが・・・
        キヨはそのことが納得できないでいた。
     
 <出演>  井上 美紀 (キヨ) / 三輪 勝恵 (リュウ)
         川浪 葉子 (陽子・りゅうの母)
         坂口 哲夫 (昌利・りゅうの父)
         中  友子 (ユキ・キヨの母)
         龍田 直樹 (テツ・キヨの父)


     
前回の上演作品 (2007年6月4日)
 ◆『キラキラなココロ』 前編              
        中学校3年生の女の子・キヨには小学1年生のいとこ・
        りゅうくんがいる。毎年正月と盆の2回、キヨの家に遊びに
        来るりゅうくんはその年齢に似合わい体型と大人びた
        言動でいつもみんなの人気者だった。
        今年のお盆もやってきたりゅうくんは相変わらずの様相で・・・。
     
 <出演>  井上 美紀 (キヨ) / 三輪 勝恵 (リュウ)
         川浪 葉子 (陽子・りゅうの母)
         坂口 哲夫 (昌利・りゅうの父)
         中  友子 (ユキ・キヨの母)
         龍田 直樹 (テツ・キヨの父)

                          
                  
             


詳しい出演者情報はこちら 
          → 青二プロダクションのホームページ

投稿者 青山二丁目劇場 : 17:48 | コメント (0)

リリース第65回

6月は「いつまでも忘れたくないもの」お話をお届けします!

 お聞き頂いております、『青山二丁目劇場』は月替わりで
 さまざまなラジオドラマを上演してまいります。
 6月は、「いつまでも忘れたくないもの」をテーマにお送りします。
 あなたにとって、忘れたくないものといったら何でしょう。
 子供の頃のうれしかった思い出、楽しかった出来事、辛かった
 事件やほろ苦い経験 ・・・・・長い人生の中で、誰もがひとつや
 ふたつあるのではないでしょうか?
 でも日常、「何か忘れてしまった・・・」なんてそうそう思うことは
 ありませんよね。
 ふとした瞬間に・・・ですよね。今回はそんなお話をお届けします。
 どうぞお楽しみに。

次回の上演作品 (2007年6月4日)
 ◆『キラキラなココロ』 前編               
        中学校3年生の女の子・キヨには小学1年生のいとこ・
        りゅうくんがいる。毎年正月と盆の2回、キヨの家に遊びに
        来るりゅうくんはその年齢に似合わい体型と大人びた
        言動でいつもみんなの人気者だった。
        今年のお盆もやってきたりゅうくんは相変わらずの様相で・・・。
     
 <出演>  井上 美紀 (キヨ) / 三輪 勝恵 (リュウ)
         川浪 葉子 (陽子・りゅうの母)
         坂口 哲夫 (昌利・りゅうの父)
         中  友子 (ユキ・キヨの母)
         龍田 直樹 (テツ・キヨの父)


     
前々回の上演作品 (2007年5月21日)
 ◆芥川龍之介作 『杜子春』後編               
        金持ちになることよりも、「仙人になりたい」と願った杜子春は
        いよいよ、その願いを叶えるべく、峨眉山にある一枚岩の上に
        じっと黙って座ることに。仙人からは、「例えどんなことが起ころうとも、
        決して声を出すのではないぞ」と告げられる。果たして、杜子春は
        仙人の言いつけを守ることはできるのだろうか?そして願い通り、
        仙人になれるのだろうか?


 <出演> 朗読 北川 米彦 


    ※5月28日は野球中継のため休演

                          
                  
             


詳しい出演者情報はこちら 
          → 青二プロダクションのホームページ

投稿者 青山二丁目劇場 : 12:30 | コメント (0)