2007年5月30日

いまむ~の中目黒通信

もう今年も折り返し点です。
年取ると色んな事がありますが、チェンジオブペースでいければと
思 います。
東京で一番早い夏祭り、青梅大祭の山車を見たついでに
「東京ムツゴ ロウ王国」にいってきました。
閑散として、愛嬌あるワンチャン達もへたり込んでる。
巨大ショッピングモールもいいけど子供達の遊び場は大人も
無邪気に なれるのに。

2年に一度の本祭り、神田祭。今年はのどかに練り歩く神幸祭と
一緒 に銀ブラ。
170年ぶりに復活した酒呑童子をモデルにした大江戸凱陣は
途中参加。
日本橋三越前と神田明神以外はヒトもまばら。空洞化した都会の
街起こしも悪くない。

浅草三社祭はやっぱり神輿乗り禁止が無視された。
盛り上がれば、地元がハジき出されてよそ者に占拠されるような
事態 で祭りといえるんでしょうか?
まつりもテーマパークも難しいバランスの中でハレ舞台を探している
感じです。

やっぱり地元のまつりで焼きそばとコップ酒が旨い。
夕陽が落ちても、泥だらけになって遊んで帰って怒られたちょっぴり
した冒険気分がよみがえるからかもしれないし
コワいおじさんに連れてかれちゃうよと脅されながら知らない街まで
探検にいったヒロイックな昂揚感に誘われるのかもしれない。

「ArtLIFE MUSEUM the NET」もスターブライド基金と正式窓口
として動き出しました。
絵で世界をつなぐ。生まれて2ケ月で35万ページビューは素直に
嬉しい。
ランダムハウス講談社の絵本も第2弾が出るし、優しい気持のプロ
ジェクトはこれから本番です。
JAM HPも47号。癒されながら面白いのを目標にどこまでのんびりい
けるか。
最近の発見は国立の鍼灸。なかなかいいような気がします。

HP http://www1.odn.ne.jp/jam.odn.ne.jp

2007年5月22日

甲斐よしひろVS高橋克実

高橋克実さんに♪きんぽうげを生で歌わせる!
この甲斐の一言から生まれたこの対談・・・。
スタジオには、松藤愛用のアコギが用意され歌詞もスタンバイ。
“マジで歌うんですか~!?”と克実さん・・・。
         
           <5月14日(月)>
高橋克実さんのリクエスト曲
M ポップコーンをほおばって (甲斐バンド)

           
           <5月21日(月)>
高橋克実さんのリクエスト曲
M きんぽうげ (甲斐バンド)

そして!公約通り?この日の放送では、松藤さんがアコギを
構え克実さんが♪きんぽうげを歌った!!
甲斐さんも一緒に歌った!! 鳥肌ものだった・・・。
この生歌、リハーサルも一切なし! ラジオならではの
一発勝負・・・。
後日、ツアーラストのZEPP東京に克実さんが見に来た。
そして本物の♪きんぽうげを体験した。

さて、この日の放送では高橋克実さんが
“人生という旅の最後に聴きたい曲”を発表してくれた。
それは、1976年・31年前に発売されたユーミン・荒井由実の
「晩夏(ひとりの季節)」だった・・・。

2007年5月15日

高橋克実さん登場!

高橋克実さんがセイヤングにやって来た!

江國香織さん、TOKIOの長瀬さんに続いて今回の対談ゲストは、
ミスタートリビア高橋克実さんの登場である。
甲斐さんと松藤さんに囲まれる克実さんはこう発言、
“こんな場所にいちゃあダメですよ~!”と・・・。
若い頃に聴いていた甲斐バンドが今、目の前にいる!!
そりゃあたまらんでしょう・・・。
しかしスタジオの外から見ていると、克実さんも緊張していたが
甲斐さんも緊張しているのが分かる。
“拝啓 父上様”に出ている人・・・そして甲斐家全員がファンだからだ。

私自身、数々の芸能人という仕事の方とお仕事をしますが、20年弱の
業界生活で、こんなにいい人はいない!と断言出来るほど
いい方です! 克実さん・・。

さて、収録後、克実さんのマネージャーが言う。
“この後のスケジュールは空けてあります!”・・・。
さあ、翼を休めにいつもの店に繰り出す大人達。
克実さんもいつもの“定宿”に足を入れる。
その店で何が起こったのか!
この写真をお見せしよう!
何が起こったのか、次回書き込みしますね。

ちなみに克実さんのリクエストナンバー1曲目は、
甲斐バンドで「ポップコーンをほおばって」でした。

松藤ギター.jpg

2007年5月 2日

名古屋潜入裏レポートその壱

チャップリンの名言を紹介しよう。
「人生に必要なものは、勇気と想像力とほんの少しのコブクロ(本当は“お金”)だ」

名古屋の夜は何かが起こる・・・と噂される音楽業界。

ゴールデンウィークの真っ只中、甲斐よしひろと愉快な大人達は
名古屋で3連投のコンサートを行った。
この名古屋という地は私が生みゃれた街、2泊3日で出かけた・・・。
28日(土)、名古屋駅に着くなり“きしめん”を堪能しホテルへ。
格安ホテルのわりには枕が“テンピュール枕”でご機嫌のまま、
ダイアモンドホールに移動した。
楽屋にご挨拶、M氏やS氏は魔法のドリンクを少々口にし、
愉快指数は100%、K氏はカレーそばを
堪能。“これ、最高!、NIWAも食べる?”と共同支配・・・。
さて、初日&二日目のステージで、K氏はある単語を頻繁に発していた。

それはクル○○パー!

放送では絶対言ってはダメなお言葉であるが、
後の打ち上げでこの単語がかなり盛り上がった・・・。
さあ、その打ち上げだが・・・大人のわがままで毎回同じ店で行われた。
この店の“コブクロ”がとにかく好きな大人達・・・。
ステージのMCでも言ってましたが、この店に行ったK軍団は
ある面白い事件を起こしたのだ。
それは、以前飲み食いした後、誰もお金を払わず店を出た! 
誰かが払ったと、全員が思ったのでしょう。
翌日、“そういえば、昨日のお金は誰が払った?”との振りに、
“俺、払ってねえ!” “俺も!”。
うわあ!やべえじゃん!  結果、無事に精算を済ませたK軍団。
その時、生まれたギャグが
店の名前をちょっと変えて“無銭飲食やあー!”
(店の名前を、ステージで言ってしまったK氏。ここでは伏せよう)

初日、二日目と定宿で打ち上げた軍団。
二日目は歌い足りないのかカラオケへ・・・。
N氏が!M氏が!そしてK氏があの歌を! 

詳しい話は、名古屋潜入裏レポートその弐で書こう。

これが、駅の“かき揚げ入りきしめん”。

ディレクター NIWA

fujisann.jpg

2007年5月 2日

いまむ~の中目黒通信

色々あった春ですが、気分を変えて。
風薫る新緑の五月、如何お過ごしでしょうか?
GW日本で一番混んでいる、というので館山のつつじと足利の藤に
バス旅行してきました。

樹齢1000年のヤマツツジと本霧島。ツツジを裏から見る深紅の
トンネルに「世界が息を呑んだ美しさ」というコピーがキマる一面の藤。
何より往復、酒が飲める幸福。深夜便をナマで聴くようなガイドさんが
眼をつぶってると夏木マリのひとりごとみたいで和めました。
激安バスツアーの舞台裏は大変なんでしょうが。

でもこのGWの事件は、エイミー・ハナイアリイを日本でみれた事です。
ヴィーナスフォートの作り物っぽい雰囲気は苦手だけどそんな事いってられない。
台場ハワイフェステイバルに彼女はホントに登場しました。
ゆったりと、ハッピイに。それだけで雰囲気が変わる。
温かい笑顔と おおらかな包容力に溢れた歌声が響く。
ハワイの良きエッセンスが詰まっていて、つかのま極楽の風に浸りました。

「Art Life MUSEUM the NET」も新しい人との新鮮な出会いが楽しみです。
元テンプターズの、というのも今さらな大口広司さん。
ぶっきらぼう なさすらいのカウボーイが描きためたおしゃれな絵とおしゃべり。
松井五郎と山里剛。お二人がプロになって十数年、
「インターネット 美術館」で再び重なり合う事になりました。
いろんな人生が味わえます。http://www.art-life.ne.jp/ 只今会員募集中。


4月20日から始まったランダムハウス講談社からの絵本シリーズも
5月31日の第2弾は 岡林信康/武田秀雄/葉加瀬太郎。
こちらももユニークなキャラクターによる初めての絵本です。
どこかで手に取ってご覧ください。

JAM HPも46号。ExplorerからSafariへの乗り換えに四苦八苦してますが。
HP http://www1.odn.ne.jp/jam.odn.ne.jp 

諸行無常を想う頃ですが、ともあれお身体大切に。

2007年5月 2日

名古屋参戦!

IMG_6348.JPG

2つ同時更新の久保です。日曜日にミャ~ミャ~名古屋に行ってきました。ダイアモンドホールは、AXよりも狭いので「ライブハウスでやってるで~」感がアリアリ! お客さんも東京以上にノリノリだったような気が…。終わって松藤さんをはじめメンバーの皆様と楽屋で談笑。しばらくしてシャワーを浴びて出てきた甲斐さん。僕を見て一言。「ウワーッ、何でいんの!」。そんな勢いで驚かんでも…。お化けかユーミンでも出たみたいじゃないの~。
その後は、打ち上げでまた“アレ”をたらふく頂きました。うみゃ~~~っ!
ちなみに翌日は、午前中から名古屋の知人に会って、午後はせっかく名古屋に来たのだからと「矢場とん」名物“わらじカツ・味噌&ソース半々がけ”を食って(それにしてもボリュームありすぎじゃん!)、静かに帰りましたとさ。

【放送作家:久保有輝】

2007年5月 2日

久しぶりのセイ!ヤング…。

20070501_234751094.JPG

ご無沙汰しております。作家の久保です。そうそう…ちゃんとお伝えしていませんでしたが、4月から“対談”形式の放送になったので、僕は一応、番組を“退団”いたしました。ゲストを前に、こっちサイドがたくさんいても、ゲストの方が困惑しちゃうしね。でも今週と来週みたいに、たまにやって来るゲストのいない週は、甲斐さんからお声が掛かれば登場するかもしれません。なので、なんでいるの? …と、ラジオに冷たい視線を送らないよ~にっ! とりあえず来週6日の放送も、僕はスタジオにいますので…。それと、このブログは、たまに更新させていただきます。なので、なんで更新してるの? …と、パソコンに冷たい視線を送らないよ~にっ! 
実は…、今週と来週のセイ!ヤングは、先週の金曜日に収録したのです。で、僕も久しぶりに収録後の「丹羽さん命名、朗報ですバー」に参上しました。2週間行かないだけなのに、なんだか久しぶりのような気が…。
で、久保は、いつもの如く江ノ島には帰れない時間になっちゃいました。でも先週の金曜日は深夜にやりたい事があったので、それでOK! そのやりたい事とは、誰よりも早く『BABEL』を見る!!
新宿の映画館で、前日の深夜から先行ロードショーだったのだ~!!
深夜2時40分からスタート。明日の初日は超満員なんだろうに、さすが深夜、ガラガラ!50人位だ~。CLUBのシーンで具合が悪くなった人が出たとニュースになっているけど、僕は「寝不足の深夜だし、たくさん飲んだ後だから、目が回るなぁ…」って思いながら見ていました。これって、僕も具合が悪くなった一人なんでしょうか? それとも「霧島」の水割りのせいなのでしょうか? 謎だ。

【放送作家:久保有輝】

>> ★サイトTOP

★メールはこちらから!

>> kai@joqr.net

★甲斐よしひろ公式サイト

http://www.kaisurf.com/

Copyright(c)2006,Nippon Cultural Broadcasting Inc. All right reserved.