浜美枝のいつかあなたと

毎週日曜日
 10時30分〜11時00分
Mrs Mie Hama's With agood meal

浜美枝のよい食と共に

2007年10月7日 茨城県・坂東市 新規野菜研究グループ ミニマム倶楽部・リーダー 藤井和美さん

茨城県坂東市は、茨城県の南西部に位置し平成17年3月に市町村合併で生まれた新しい都市。武将・平将門で有名。水と緑豊かな田園都市で、トマトやレタス、ねぎなどの野菜栽培が盛んな土地。
ミニマム倶楽部は、農家の女性が集まってミニカリフラワーなどの栽培に取り組む20人弱のグループ。
ミニカリフラワーの特徴は、独特な色。色は白、オレンジ、紫の3種類。インパクト大!甘みが強く、食感が滑らかで舌触りが非常によい。
ミニカリフラワー作りをはじめたきっかけは、平成14、15年に2年計画で「農村女性大学」というものが開催され、そこで名物野菜を作ろう!と新規野菜の取り組みとしてはじめた。
レタスなどの栽培時期が終わる頃、値段が不安定になるため、このミニカリフラワーを栽培する事によって安定した収入を得る事ができる。
ミニカリフラワーを作るにあたって、苦労している事は、色だし。(きれいな色を出す)露地栽培のため、気温の変化、天候に左右される。今年は、猛暑の影響で雨が少なく、水やりに非常に気をつかった。
みなさんの評判は、ただ茹でて食べるだけではなく、天ぷらやポタージュにしてもおいしいと評判。特に天ぷらは、色鮮やかで塩で頂くと甘みが引き立つ。

  • twitter
  • facebook
  • radiko
  • twitter
  • facebook
  • pagetop
Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.