浜美枝のいつかあなたと

毎週日曜日
 10時30分〜11時00分
Mrs Mie Hama's With agood meal

浜美枝のよい食と共に

2012年12月2日 「深大寺だるまかりんと」

今回は、東京です。
調布市にある小野牧場、小野一弘(おの・かずひろ)さんにお電話をお繋ぎしました。


◎ 小野牧場は、調布市で唯一の牧場だとか。小野さんで何代目なんですか?

祖父が昭和40年代に酪農を始めまして、私で3代目です。
祖父が始めた頃は、調布でも40軒くらい乳牛を飼育しているところがあったと聞いています。


◎ 小野さんの牧場で搾乳された生乳(せいにゅう)から、美味しいお菓子が出来たそうですね?

「深大寺(じんだいじ)だるまかりんと」といいまして、かぼちゃ、練乳、黒糖の3つの味のかりんとうです。今年の8月から、調布市の新しいお土産として販売されました。


◎ 美味しそう!このかりんとうは、いろいろな方の協力があって商品化されているそうですね?
     
はい、うちで搾乳された生乳は、まず作業所に運ばれ練乳に加工されます。
納品された練乳は、かりんとうメーカーの手でかりんとうになり、別の作業所ではパッケージング(包装)、包装紙の印刷、販売店への納品など、作業を分担した上で皆さんの手に届いております。


◎ 「深大寺だるまかりんと」は、どこで購入できますか?

調布市役所1階の売店や調布市の観光案内所「ぬくもりステーション」などのほか、調布市内のJAマインズショップでも販売しております。
詳しくは、調布市役所のホームページで「深大寺だるまかりんと」と入力してみて下さい。


今回は、東京・調布市の小野牧場、小野一弘さんにお話を伺いました。

  • twitter
  • facebook
  • radiko
  • twitter
  • facebook
  • pagetop
Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.