浜美枝のいつかあなたと

毎週日曜日
 10時30分〜11時00分
Mrs Mie Hama's With agood meal

浜美枝のよい食と共に

2015年5月17日「練馬野菜餃子」

今回は東京です。板橋区、豊島区、北区、そして練馬区を管内とする「JA東京あおば 地域振興部 石神井地区振興センター」の中川大介さんとお電話をお繋ぎしました。


◎そちらの特産品を教えてください!

練馬産のキャベツと安心安全の国産野菜で作った「練馬野菜餃子」です。
練馬区内の畑では、キャベツが一番多く作られており、都内でも生産量ナンバーワンを誇っています。


◎「練馬野菜餃子」は、いつから販売されているのですか?

2009年のJA東京あおば農業祭から本格的に販売し、去年度の年間販売数量は、およそ2万パックでした。


◎多いですね!お客さんからも、好評のようですね?

JA東京あおばでは「練馬大根ドレッシング」や練馬区産のビール麦を使った「金子ゴールデンビール」なども販売しており、どれも人気商品なのですが、最も売れているプライベートブランド商品は、「練馬野菜餃子」です。
今では、購入者のほとんどがリピーターです。一度食べたらまた食べたくなる美味しさで、大変人気があります。


◎どちらで購入できますか?

「とれたて村・石神井」など、JA東京あおばの直売所や練馬区観光案内所で販売しているのですが、現在、在庫がない状態です。
来月(6月)以降、キャベツが収穫されてから加工し、販売する予定ですから、もう少々お待ちください。12個入り、390円です。


◎おしまいに、中川さんにとって、「よい食」とは何でしょうか?

将来を担う子どもたちに薦められる食こそが、よい食ではないかと思います。
練馬区はキャベツの生産が盛んですが、将来もキャベツ畑を残したい、練馬区に農業を残したいという生産者の想いが、練馬野菜餃子に込められています。




今回は、「JA東京あおば 地域振興部 石神井地区振興センター」の中川大介さんにお話を伺いました。

  • twitter
  • facebook
  • radiko
  • twitter
  • facebook
  • pagetop
Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.