揚げなすと鶏肉の煮物

印刷する

テーマ:体に優しいサッパリ夏野菜レシピ

用意するもの ※2人分

・なす            2個
・鶏もも肉        150グラム
・生しいたけ         2個
・ゆでたさやいんげん   2~3本
・しょうが(薄切り)     適量
・揚げ油           適量
・水           300cc
・淡口しょうゆ     大さじ2
・みりん        大さじ2
・だし昆布          1枚(8センチ角)

作り方 ※2人分

  1. なすは両端を切り落とし、縦に数本包丁目を入れる。 竹串に刺して転がらないように筏(いかだ)にし、170度の揚げ油で揚げる。 ※菜箸ではさんで柔らかくなっていれば良い。凹みができるようになったらOK。 ※なすを油で揚げておくのは、長く煮ないための下準備。 なすは長く煮ると色が落ちてしまうので、煮る前に揚げて短時間で火が 通るように下ごしらえをしておく。
  2. 1)を氷水にとって、軽く揉み、水けをきる。 ※なすを揉むのは、手早く煮るため。味が染み込みやすくなります。
  3. 鶏肉は一口大に切る。生しいたけは軸を切り落とす。
  4. 3)をさっと湯通し、冷水にとってザルに上げる。
  5. 鍋に水、淡口しょうゆ、みりん、だし昆布と、4)を入れて中火で煮る。
  6. 鶏肉に火が通ったら、揚げたなすとしょうがの薄切りを加えてさっと煮る。 ※目安は沸騰してから1分くらい。
  7. 皿に盛り、茹でたさやいんげんを食べやすく切って、添える。

ワンポイント・アドバイス

なすを揚げるのが手間な場合、スライスしてフライパンでさっと炒めてもいいです。
夏は味が濃いと食欲が進まなくなるので、このくらいサッパリでしているくらいが丁度よいです。
汁が冷めたら素麺のつけだれとしても美味しくいただけます。

レシピのカテゴリー

プロフィール

野崎洋光(のざき ひろみつ)

野崎洋光
(のざき ひろみつ)

東京・南麻布「分とく山」総料理長。1953年、福島県生まれ。
和食の伝統をふまえながら、今の時代をとらえたレシピや考え方を提唱。やさしくわかりやすい語り口で、テレビ、ラジオ、雑誌などでも幅広く活躍中。家庭料理の大切さを強くうったえている。

はじめのごあいさつ

お知らせ

一覧へ »

  • ヒガシマル醤油