なす素麺

印刷する

テーマ:旬のなすを食べよう

用意するもの ※2人分

・なす          3本
・わけぎ         2本
・みょうが        2個
・素麺          2束
・揚げ油         適量
・だし        300cc
※だしの作り方は、ポットのお湯500センチをボウルに移し、削り節5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方のだし昆布を1分間浸して濾す
・淡口しょうゆ     20cc
・みりん        10cc
・おろししょうが  小さじ1
・七味唐辛子       適量

作り方 ※2人分

  1. なすはヘタを切り落として縦に4等分に切り、直ぐに170度に熱した油に入れ、皮が艶よく、ふっくらとするまで揚げて油をきる。
  2. 鍋にだし、淡口しょうゆ、みりんを入れて火にかける。ひと煮立ちしたらなすを入れ、火を弱め2分間煮て、そのまま冷ます。
  3. わけぎは斜めに細切りにする。みょうがは縦半分に切り、さらに縦にスライスする。わけぎとみょうがを合わせて水にひたし、水けをきる。
  4. 素麺を茹でて冷水に取り、水けをきる。素麺を器に盛り、2)のつゆをかけ、その上になすを乗せ、わけぎ、みょうがとおろししょうがを添える。お好みで七味唐辛子をふる。

ワンポイント・アドバイス

淡口しょうゆだから色がきれいです。
なすは切って、すぐ揚げると変色しません。

レシピのカテゴリー

プロフィール

野崎洋光(のざき ひろみつ)

野崎洋光
(のざき ひろみつ)

東京・南麻布「分とく山」総料理長。1953年、福島県生まれ。
和食の伝統をふまえながら、今の時代をとらえたレシピや考え方を提唱。やさしくわかりやすい語り口で、テレビ、ラジオ、雑誌などでも幅広く活躍中。家庭料理の大切さを強くうったえている。

はじめのごあいさつ

お知らせ

一覧へ »

  • ヒガシマル醤油