トマトおでん

印刷する

テーマ:長く煮込まなくていい簡単なおでん

用意するもの ※2人分

・さつま揚げ         2枚
・ちくわぶ          1本
・卵             2個
・小松菜           2株
・トマトジュース(無塩) 100cc
・水           400cc
・淡口しょうゆ       20cc
・こしょう          少々

作り方 ※2人分

  1. ちくわぶは2センチ幅に斜め切りし、小松菜は根元を切り落とし長さ半分に切る。
  2. さつま揚げはサッと熱湯に通す。卵は熱湯に入れて7分茹で、冷水に取って殻をむく。
  3. 鍋にトマトジュース、水、淡口しょうゆとちくわぶ、小松菜、さつま揚げ、ゆで卵を入れて火にかけ、ゆっくりと温める。ひと煮立ちしたらこしょうをふり、火を止める。

ワンポイント・アドバイス

今回は、トマトジュース100cc+水400cc=500ccに対して淡口しょうゆ20ccを使いました。この比率を覚えておけば、簡単にトマトおでんが作れます。
牛乳おでんも同じように、牛乳200cc+水300cc=500ccに対して淡口しょうゆ20ccを使いました。
これを応用すれば、中身の具材を変えていろんな料理が簡単に作れます。それを可能にしてくれるのが淡口しょうゆです。

レシピのカテゴリー

プロフィール

野崎洋光(のざき ひろみつ)

野崎洋光
(のざき ひろみつ)

東京・南麻布「分とく山」総料理長。1953年、福島県生まれ。
和食の伝統をふまえながら、今の時代をとらえたレシピや考え方を提唱。やさしくわかりやすい語り口で、テレビ、ラジオ、雑誌などでも幅広く活躍中。家庭料理の大切さを強くうったえている。

はじめのごあいさつ

お知らせ

一覧へ »

  • ヒガシマル醤油