文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年3月19日

3月17日 第49回放送

鎌田さんが「じゃがいも兄弟」のお兄さんと慕うサックス奏者坂田明さんをスタジオに迎えて
東日本大震災後の福島での鎮魂祭や「いのちが透けて見える」ミジンコの話で盛り上がる。

医学生の頃から坂田さんに憧れていたという鎌田さん。ミュージシャン小室等さんの紹介で知
り合い、その後は「地域医療学会」や「歯科保存学会」のシンポジウムに2人一緒に招かれた
り永六輔さんや小室等さんとジョイントライブを開催する仲という「じゃがいも兄弟」。
坂田さんは「東日本大震災」から3ヵ月後に福島に駆けつけ、犠牲になった方々への鎮魂祭で
追悼の演奏。心を震わせるような『浜辺の歌』の演奏に、参列者は心の浄化が出来たとか。
また、7年前に鎌田さんとベラルーシ共和国のチェルノブイリへ行き、白血病の病棟で患者や
医療スタッフを前に演奏した映画『ひまわり』のテーマを聴衆は涙と共に聴いたと鎌田さん。
帰途の夜汽車で『がんばらないレーベル』の立ち上げを相談し、CD『ひまわり』と『おむす
び』が誕生。その利益は全てイラク、チェルノブイリ、福島の子どもの為に使われています。
もう一つの坂田明さんの顔は「ミジンコウォッチャー」と称してミジンコ研究30年の大家。
近著『私説ミジンコ大全~人間とミジンコがつながる世界認識~』(晶文社)を紹介しながら
「ミジンコはミジンコの都合で生きている。人間は自分たちの都合がすべてに通じるという奢
りを捨てるべき!ミジンコは透明な身体で、いのちの何たるかを教えてくれている」と発言。
また、ミジンコ・小魚・大魚・人間へと「いのちの連鎖」を教わり、いとおしさをも感じる。
わずか体長2ミリ寿命3週間の小さなミジンコから教わるものは多いと坂田さんは語ります。

放送分を聴く
放送日:2013年3月17日

« 3月10日 第48回放送 | メインに戻る | 3月24日 第50回放送 »