文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年7月 3日

7月2日 第265回放送

テレビにラジオにインターネットや通信機器の普及で余暇の過ごし方が多様化するなか
愛書家でなくても「雨だから本でも読もう」という気になるのは梅雨の時季だからか?
本について、一か所でも感動する部分があれば買うという鎌田さん。読みながら線を引
き、付箋を貼って、後から読み返す読書家の村上さんが紹介するお勧め本の情報です。

十代に向けたメッセージ本の執筆依頼を受けた鎌田さん。今の十代の考え方を探ろうと
小説や詩やコミックを読んでいます。最果タヒ著『十代に共感する奴はみんな嘘つき』
(文藝春秋)は、詩を読んでいるような小説を読んでいるような、なんだかわからない
不思議な感覚で、十代の気持がスッと入り込んでくるという感想。新川直司著『四月は
君の嘘』(講談社)も「嘘」つながりで、若者を理解しようと思って読んだコミック。
更に、高野苺著「ORANGE」(双葉社)は、いろいろ考えさせられるSF青春ラブ
ストーリーと評する鎌田さん。一方の村上さんは、門井慶喜著『家康、江戸を建てる』
(祥伝社)を挙げる。天正18年、落ちゆく小田原城を眺めながら、関白・豊臣秀吉は
徳川家康に「北条家の旧領関東二百四十万石を差し上げよう」と囁いた。その真意とは
水びたしの低湿地ばかりが広がる未開の土地と、豊饒な所領、駿河、遠江、三河、甲斐
信濃との交換であった。愚弄するかのような要求に家臣団が激怒する中、なぜか家康は
その国替え要求を受け入れ、日本史上最大のプロジェクトを成功に導いた家康の挑戦。
江戸を整備するにあたり、家康は一流の目利きで5人の逸材を発掘し任に当たらせた。
もう一冊。齋藤孝著『型破りの発想力』(祥伝社)は世阿弥や宮本武蔵など5人を挙げ
日本の創造力の源泉である「型を破ること」から生ずる彼らの発想力・創造力を紹介。

放送分を聴く
放送日:2017年7月2日

« 6月25日 第264回放送 | メインに戻る | 7月9日 第266回放送 »