文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年3月26日

3月25日 第301回放送

『一陽来復』イチヨウライフクと読みますが、読めない?意味がわからない?観たいと
いう期待感がもてる?侃侃諤諤の末に一度は却下された映画タイトルです。でもやはり
これ以上のタイトルはないと決定しました。大震災から6年経った被災地の人々の姿を
追ったドキュメンタリー映画の尹美亜(ユン・ミア)監督をゲストにお迎えしました。

一陽来復の意味は、冬の後には春が来ること。悪いことが続いた後は良い方向に向かう
という意味です。撮影は2016年夏から17年春までの10か月間「東日本大震災」
から6年経った岩手県釜石市、宮城県石巻市・南三陸町、福島県川内村・浪江町で暮ら
す約100人を取材し、主な登場人物は20人です。3人の子供を津波で失った場所に
地域の集会スペースを造った夫婦/写真のパパを慕う震災後に生まれた5歳の少女/震
災を風化させないための語り部/津波により海の豊かさを再認識した漁師の方々。6年
経ち町の景色が変わる中、映像は人々の現在の暮らしや表情をありのままに描き、苦悩
を抱えながらも前を向く人の確かな言葉を掬いとった「心の復興」がテーマの作品です
尹さんは"重苦しい映画にはしたくなかった。其々が辛い経験をし、やっと笑顔も見せ
小さな希望や幸せがあるそうした笑顔や言葉から伝わってくるものを感じて欲しい"と
いいます。尹亜美さんと被災地との関わりは2011年の秋に石巻市へボランティアで
出向き、現地で単純作業を手伝いながら"もっと役立ちたい"という思いに駆られ製作
プロデューサーとして女川を舞台にした映画『サンマとカタール 女川つながる人々』
を発表。カタールの支援でサンマの加工施設が復活し、復興にかけた若きリーダーたち
の話や町の人々を追った記録映画。今作『一陽来復』は東京ほか順次全国公開します。

放送分を聴く
放送日:2018年3月25日

« 3月18日 第300回放送 | メインに戻る | 4月1日 第302回放送 »