文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年8月20日

8月19日 第322回放送

子ども向けの「生き物図鑑」に載っているサメの写真の間違いを指摘した5歳の男児。
生き物が大好きで、図鑑がボロボロになるまで読んでいるという彼の指摘を受け出版社
は、重版するときに差し替えを約束しました。現在小学1年生になった彼が好きなこと
や得意なことをさらに極めていってくれれば将来がとても楽しみです。夏休みの後半に
鎌田さんと村上さんが「中学生高校生におススメの本」を体験に基づいて紹介します。

鎌田さん推薦の本はフランツ・カフカ著『変身』です。老いた両親と妹を養っている男
が、ある朝突然虫に変身してしまうという風変わりな物語です。虫になることはありえ
ないが、突然に虫のように扱われることはあります。カフカの『変身』は疎外された人
の孤独と、疎外する側の冷酷さを描いた物語といえます。難解な内容ですが、短編なの
で読めるし世界の名作を読んでおくと読書に対する自信がつくので本書を推薦しました
村上さんは竹内一郎著『人生は声で決まる』です。現代社会は、声の工夫を怠っていな
いかという問題提起からこの本は書かれました。言葉を持たない人間以外の生物は声の
持つ性質を最大限に活かすが、人間はその本質的能力を退化させているので要注意です
3冊目は益川敏英著『僕はこうして科学者になった~益川敏英自伝』です。2008年
にノーベル賞を受賞した益川さんですが、教科の得手不得手が極端にあり、宿題もせず
大の勉強嫌いが、ノーベル賞を受賞するまでを綴っていますが好きな道を伸ばすことを
礼賛。最後は鈴木秀子著『あなたは生まれたときから完璧な存在なのです』です。悩め
る人に寄り添い、86歳の今も人のためにひたすら祈っているシスター鈴木秀子さん。
「どんなに深い絶望の中でも、必ず幸せに生きられる。比較など無用」など名言多数。

放送分を聴く
放送日:2018年8月19日

« 8月12日 第321回放送 | メインに戻る | 8月26日 第323回放送  »