文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年9月 5日

9月2日 第324回放送 

今夏の日本列島は35度以上の猛暑日が何日もありました。真夏の高温多湿による体力
の低下、空調による室内外の寒暖差で自律神経は乱れ、そして冷たい飲食物の取りすぎ
による内臓の冷えなどが重なって「何となくやる気が出ない」とか「いつまでも疲れが
残っている」そんな夏の疲労感は、放っておくと「夏バテ・秋病み」につながります。
そこで今回は『ドクター鎌田の秋病み防止の6つのアドバイス』を詳しく紹介します。

1【香辛料で食欲アップ!】暑さで食欲がわかないときは香辛料の香りが食を勧めます
ターメリックをはじめ多種の香辛料が効いたカレーに、夏野菜も入れて食べましょう。
2【薬味で健康長寿!】ショウガ、ワサビ、コショウ、ネギ、唐辛子を上手に使おう。
アディポネクチンの分泌をよくする働きがあり、血管内側の傷や動脈硬化を修復します
3【クエン酸で疲労回復!】レモン、グレープフルーツ、梅干し等に入っているクエン
酸には疲労回復作用があります。また、お酢に入っている酢酸も運動の際にエネルギー
となるグリコーゲンの生成を促すといわれています。酸っぱい物を適度に摂りましょう
4【ビタミンB1をしっかりとろう!】夏バテの時にはビタミンB1の消耗が激しくな
りがちです。ビタミンB1が不足すると、栄養をエネルギーに変換しにくくなり体脂肪
も増えてしまいます。ニンニクをきかせた豚肉のステーキや豚ショウガ焼きがお勧め。
5【運動で下半身の筋肉を動かそう!】マイオカインは別名「若返りホルモン」とされ
約50種類の物質があり、主に下半身の筋肉から分泌されます。スクワットしましょう
6【運動後30分がゴールデンタイム】30分以内に食事で壊れた筋肉が効率よく回復
されるという説があります。鶏のささ身、カツオ、マグロ、大豆製品等食べましょう!

放送分を聴く
放送日:2018年9月2日

« 8月26日 第323回放送  | メインに戻る | 9月9日 第325回放送  »