文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年2月12日

2月10日 第345回放送 

「さ霧消ゆる湊江の 舟に白し朝の霜」と歌い出す文部省唱歌『冬景色』は大正2年に
発表された作品です。当時の子どもにも「さ霧」ってどんな霧なの?理解しにくい言葉
ですが、歌詞の六五調やリズミカルな三拍子は一度覚えれば忘れない唱歌の代表です。
立春を過ぎてもまだまだ寒い日が続く『この時季に聴きたい日本の歌』をお届けします

『冬景色』は『尋常小学唱歌 第五学年用』の文部省唱歌として発表され、2007年
に「日本の歌百選」にも選ばれています。一番の「さ霧消ゆる」は「冬の湖岸の早朝」
「烏啼きて」の二番は「早春の畑の日中」そして「嵐吹きて」の三番は「里の夕景」を
まるで日本画でも眺めているように描写している見事な歌詞が続きます。二曲目は雪が
大好きな鎌田さんも口ずさむ『雪の降る街を』高英男さんの歌唱でお届けします。更に
邦楽のスタンダードになり音楽教科書にも載った『銀色の道』はダーク・ダックス盤と
ザ・ピーナッツ盤があります。先にレコード発売したダーク・ダックスでお届けします
四曲目は「北風吹きぬく寒い朝も」と今の時季にピッタリの『寒い朝』は、吉永小百合
和田弘とマヒナスターズでお馴染みですが、吉永さんはこの作品でデビューしました。
五曲目は普段あまり耳にしないが、聴けば浅丘ルリ子さんと原田芳雄さんの名シーンを
想い出す1972年のドラマ主題歌『冬物語』です。唄はフォー・クローバーズです。
六曲目は鎌田さんも村上さんも聴きながらマイクをオフにして歌った『なごり雪』です
イルカさんでお届けしますが、オリジナルは「かぐや姫」の伊勢正三さんの作品です。
最後は「昭和の北国の旅情をかきたてる名曲」の『津軽海峡・冬景色』石川さゆりさん
夜行列車が新幹線に代わり、青函連絡船もないけど、国民的な名曲は歌い継がれます。

放送分を聴く
放送日:2019年2月10日

« 2月3日 第344回放送 | メインに戻る | 2月17日 第346回放送  »