文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年3月 4日

3月3日 第348回放送 

朝起きて、顔を洗って、朝食をとり、トイレに...「無意識でしている当たり前の動作」
が怪我や病気で「出来なくなったとき」に当たり前の有り難さがわかります。不便さや
もどかしさを感じつつ、機能を回復するためリハビリに励み、社会復帰を目指します。
今回は、脳出血で手足に麻痺が残りながらもリハビリを続け舞台出演、体験を講演して
いる女優の河合美智子さんと夫で俳優の峯村純一さんを迎え「リハビリの心得」です。

鎌田さんと河合美智子さんの関係は2008年のNHK『わたしが子どもだったころ』
の再現ドラマのシーンで、河合さんが母親役を演じたという縁がありお迎えしました。
河合美智子さんは1968年生まれ。1983年公開の映画『ションベン・ライダー』
(相米慎二監督)の主役に抜擢されデビュー。96年のNHK朝ドラマ『ふたりっ子』
で演歌歌手・オーロラ輝子に扮し一躍脚光を浴び『夫婦みち』は97万枚を記録し歌手
として活躍の場も出来ました。文化放送では、2001年から14年間連続で高田純次
さんと共に自称「ゆるい番組」を担当。河合さんの「脳出血」発症は16年8月13日
稽古場での出来事。稽古を見学していたら、突然右脚に力が入らず「右半身が麻痺」に
プロデューサーが「脳出血」と察して救急車で病院へ。不幸中の幸いで出血量がそれ程
多くなかったため、開頭手術は免れたが右手と右足に麻痺が残りリハビリ生活を開始。
同居人を襲った突然の病魔に内心は大変だと思いながらも、役者魂を発揮して平然と振
る舞った峯村さん。研究者だった父親の「壁にぶち当たったらしめたと思え!」という
教えを実行。泰然自若の彼に落ち込む河合さんは大いに励まされ復帰に勤しむ二人です
講演では『リハビリは楽しんだ方がいい』といい、夫婦の経験を役立てて欲しいと語る

放送分を聴く
放送日:2019年3月3日

« 2月24日 第347回放送  | メインに戻る | 3月10日 第349回放送  »