文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年4月 8日

4月7日 第353回放送 

4月から新しい環境の中でスタートを切った人も多いでしょう。環境は変わらなくても
新年度の節目に「心機一転」という人もいます。そうした方々にエールを贈る意味から
今回は「心に留めておく言葉」とともに『ボクたちの好きな日本人』をお届けします。

まずは鎌田さん憧れの開高健。戦争、食、釣りなど人の生き様をテーマに多くの小説や
エッセイを残し、芥川賞や菊池寛賞などを受賞した作家。昭和36年、洋酒メーカーの
有名なキャッチコピー「人間らしくやりたいナ/トリスを飲んで/人間らしくやりたい
ナ/人間なんだからナ」を書きました。社会の中で「自分」を見失いかけても、自分の
身の丈を知って自分らしく過ごせばそれで良いんじゃないかと思わせてくれる名言です
開高の3大テーマは食と生と死「生まれるのは偶然/生きるのは苦痛/死ぬのは厄介」
見事にまとめています。また、かつて開高が通った新橋演舞場近くのフランス料理店の
シェフとの交流や、その店に鎌田さんが通うようになった経緯なども併せて紹介する。
村上さんは境野勝悟著『良寛軽やかな生き方』をベースに「良寛」を紹介。越後の名主
の長男として生まれた良寛は村人に期待されながらも18歳で名主への道を捨て出家。
厳しい禅の修行を積み、大和尚の地位を得たが、僧侶の位や権威を一切振り切り帰郷し
子どもたちと遊ぶことを禅の修行とした。名言「昨日、是とせしところ/今日、また非
なり/今日、是とせしところ/いずくんぞ、昨日の非にあらざることをしらん」意味は
昨日良いと言われたことが、きょうは悪いと言われる。きょうの良いが、昨日は悪いと
思われていたことを知らなきゃいけないよ。3人目は「空海」を取上げて密教の大事な
理念「意密・口密・身密」更に「欲望を肯定することが生きる源泉になる」等を解説。

放送分を聴く
放送日:2019年4月7日

« 3月31日 第352回放送 | メインに戻る | 4月14日 第354回放送  »