文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年9月30日

9月29日 第378回放送 

LED照明が全盛の今、日常生活で灯火に親しむことはありません。とはいえ秋の夜は
やはり「燈火稍可親=灯火親しむべし」という唐代の詩人・韓愈が息子の符への手紙で
学問の大切さを説いた一節を思い出します。読書は自分の知らない世界をひろげます。
今回は鎌田さんと村上さんがお気に入りの『ボクたちのおススメの本』を紹介します。

古館伊知郎著『言葉は凝縮するほど、強くなる』を挙げた村上さん。テレビ朝日のアナ
ウンサー試験で「プロレス実況」を巧みにこなし古館合格、村上撃沈の想い出もある。
マシンガントークで「古館節」を確立し、過去に『喋らなければ負けだよ』という本も
記した氏が12年間の報道番組を経て、バラエティー番組に戻ると今浦島太郎の状態。
自分のしゃべりが時代と噛み合っていないことを痛感し、今はことばを凝縮し短い時間
に端的に気の利いた面白く鋭いことを言えるかが問われていることに気づいたという。
鎌田さんは佐々木実著『資本主義と闘った男~宇沢弘文と経済学の世界~』を取上げる
35歳でシカゴ大学経済学部の教授に就任した碩学で「ノーベル賞に最も近かった男」
といわれた宇沢氏の足跡をたどりながら、50年間に経済がどう動いたかを説いた本。
世界はなぜ市場原理主義の時代を続けているのか?突然の帰国の謎も解明されていく。
上田紀行著『立て直す力』も鎌田さんの推薦。"悩みを消し去り、幸福に生きるための
処生術"と銘打ち、老後に何をする?人生をもう一度やり直したい!否もう終わりだ!
そんなとき誰でも「立て直す力がある」と文化人類学者で東工大教授の上田氏はいう。
最後は、未完のまま刊行された葉室麟の遺作『暁天の星』を村上さんが紹介。主人公は
明治新政府で外務大臣として欧米列強と対峙し不平等条約の改正に尽力した陸奥宗光。

放送分を聴く
放送日:2019年9月29日

« 9月22日 第377回放送 | メインに戻る | 10月6日 第379回放送  »