番組ブログ

第585回 母とお花見した日

亡き母とのお花見を思い出し、
それ以来、桜が眺められなくなってしまった...という
50代女性からのメールをご紹介しました。
「母親っていくつになっても会いたいですよね。
俺も定期的に母親の夢を見ます。
必ず微笑みかけてくれるんですけどね。
夢に出てきてくれると、うれしいもんですね...」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年6月23日 17:00

第575回 亡き母の日記帳

手元に残された母の日記帳。
開くのが怖かったけれど、意を決して開けてみたら、
そこには若い頃愛唱していた古今東西の詩が
ていねいな字で書き込まれていた...
「素敵なお話ですね。
俺も手帳やメモなど誰にも見せないものありますが、
何かあった時に見られたら...
俺の場合はおいしいハンバーガーの店とか、
行ってみたい店とか...」食べ物の話ばっかり!

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年6月 9日 17:00

第570回 リハビリに耐え手首を完治させた母

手首を骨折して医師に元通りにはならないと宣告された母。
でも自分で専門医を探し、2年半、1日も休まずリハビリに通い、
完治させました...!
「あきらめない気持ちって、持ってなきゃいけませんよね。
あきらめたら、そこでストップ...っていうことになっちゃうから
母の強さ、俺たちが受け継いでいかなきゃいけませんね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年6月 2日 17:00

第565回 優しい子どもに囲まれ

長男から届いたフルコースの食事券。
二男夫婦が上着をプレゼントしてくれ、
長女がコーディネイトしてくれた服装で
レストランに出かけました。
優しい子どもたちに囲まれ、
感謝しています...との新聞投稿をご紹介しました。
「これは嬉しいでしょうねえ!
お子さんたちの見事な連携プレー!
うちの息子たちも、この話、聞いてくれないかなあ」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年5月26日 17:00

第560回 元気な母に頭が下がります

かつてお豆腐屋さんをやりながら、
子どもたちを立派に育て上げた母。
70歳になった今もコンビニでバリバリ働いている。
育児や家事で辛い時は、そんな母のことを思い出し、
やる気を奮い立たせている...という女性からのメッセージ。
「主婦ってすごいですね。
じっと座っている時間がほとんどない。
うちの女房ものんびりしてるの見たことないです」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年5月19日 17:00

第555回 毎年咲くバラの花束

いま24歳の息子さんが小学生の時、
母の日に「安モンちゃうで!」と、
立派なバラの鉢植えをくれた。
「枯らさんといてな」との言葉に、一生懸命育て、
今でもこの時期になると毎年真紅の花が咲き誇る...
という新聞掲載の投稿をご紹介。
「バラの栽培は本当に難しいと聞きます。
プレゼントされた方の思いが
こもっているからなんでしょうね。
うちの庭でも美輪明宏さんからプレゼントされた
黄色い花が根付いて、毎年見事に咲き誇ってくれます」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年5月12日 17:00

第550回 42年間、お疲れさまでした!

42年間働いた会社を3月末で定年退職するお母様。
家事と仕事をがんばって両立、
毎朝目覚めると朝食は言うに及ばず、
お弁当まですっかり出来上がっていた...
明日までに雑巾5枚をリクエストしたときも
嫌な顔一つせず縫い上げてくれた...
「還暦、定年退職、おおめでとうございます。
親の立場になって自分の親の大変さがわかる。
その繰り返しが大切なんだと思います」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年5月 5日 17:00

第545回 母の大病を経て、自立した私

視覚障害をお持ちの30代女性からのメール。
大病を患ったお母様につきっきりの看病を続け、
なんとか生活ができるようになったところで、
一人暮らしを決意。
「もう母に頼り続けてはいけない。
父にも負担がかかる、
自分たちが死んだらこの子はどうなるんだろうと、
心配させてしまうことになるから...」
サポーターの皆さんのおかげで、
6年間、無事に生きてきました。
お母さん、産んでくれてありがとう!
「自主的に生きていくって決意されたこと、
本当に頭が下がりますね、
ちゃんと助けてくれる方がいらっしゃるし、
そういうシステムもあるんですよね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年4月28日 17:00

第535回 30歳で逝った我が子へ

3年前、突然病に倒れ、
30歳で急逝された息子さんへの思いを
送ってくださったお母様。
「胸が痛くなりますね。
でも明るくこうやって語りかけてくださって...
これからもどんどんメールでメッセージ、送ってくださいね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年4月14日 17:00

第530回 誕生日が告別式に...

92歳を目前に亡くなり、
誕生日が告別式になってしまった母...
危篤の知らせに駆けつけると、
まるで待っていたかのように静かに息を引き取った...
「お別れは寂しいものです。
先日、渡瀬恒彦さんが亡くなりました。
共演させていただいたとき、
本当に作品を愛していらっしゃるんだな、と思ったものです。
寂しいです。心からご冥福をお祈りします」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年4月 7日 17:00

第520回 筆箱レターでエール

登校を嫌がるようになった娘を励まそうと一計を案じ、
筆箱にこっそり手紙をしのばせるようにしたお母さん。
作戦は功を奏し、元気に学校に行くようになった...という
新聞掲載の投稿をご紹介。
「素晴らしいアイディアですね。
うちの女房も、早朝出かける時など、お弁当に
必ず一言添えてくれるんです。これは嬉しいですね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年3月24日 17:00

第515回 82歳、一番頼りになる家族

家庭をちゃんと守ってくれ、料理の腕も抜群という82歳のお母様。
この歳で老人ホームに慰問に出かけているというから凄いですね!
「素敵ですね!
うちの劇団でも、川辺久造先輩が、自主企画で朗読会をやったんです。
ことし85歳になられますが、本当にいい顔してました。
人を楽しませようとするというのは、
本当に大切なことなんですね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年3月17日 17:00

第510回 腰が曲がっても素敵な母

宮城県の50代男性から届いたメールをご紹介します。
「母は81歳。腰も曲がり、歩くのも大変そうですが、
 毎朝4時に起きて朝食の支度、漬物も上手です。
 いつもありがとう、長生きしてください!」
うちも同居している義理の母、83歳過ぎましたが、
本当によく働いてくれます。
誰よりも早く起きて掃除、洗濯、食事の支度...
妻は「じっとしててよ!」母は「大丈夫だから!」
「私がやるから!」「私がやるから!」
これどうしたらいいんでしょうねえ...

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年3月10日 17:00

第495回 決して甘えない母

杖をつき、日々を過ごしていながら、
決して苦しいと言わないお母様。
もう甘えてもいいんだよ。でも決して甘えないんだろうな...
そんな母が大好きです、という40代男性からのメールをご紹介。
「お母さんに対する男の気持ちが集約されてますよね。
俺たちの親世代って、本当に甘えないし、
痛かったり苦しかったりすることを隠しますよね。
でもこれからは、何でも気軽に打ち明けられる環境を
整えていくことも大事かもしれませんね」
来週から2週間は東京のスタジオを飛び出して、
熊本からお送りします! どうぞお楽しみに。

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年2月17日 17:00

第490回 なぜあんなに母に反発したんだろう

83歳、認知症を患う母。
元気だった頃は、反発するばかり。
どうしてあんなに反発したんだろう、と後悔している娘さんからのメールをご紹介。
「親子っていうのは衝突しますよね。歯に衣を着せぬ言い方で...
遠慮がない、ホンネで話せるからですかね。
うちも女房とそのお袋のやり取りみてると、それは凄いですよ」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年2月10日 17:00

第480回 4年制大学に通わせてくれた母

生活が苦しい中、母が懸命にやりくりして4年生大学に通わせてくれた。
「嫁入り道具も何も要らないから」
そういって進学したのに、結婚の時には人並み以上の道具も揃えてくれた...
「それが親心というものですよね。
うちは次男が3月からアメリカに留学します。がんばって行ってこい、と
気軽に考えていたが、かかる金額を見て女房と絶句...ゲゲゲ、こんなにかかるのか...と」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年1月27日 17:00

第475回 うちの母もサービスしてます

以前、配達の方などにコーヒーをサービスするお母様のお話を
ご紹介したことがありましたが、
「うちの母もそうなんです」というメールをご紹介。
「とても几帳面で、洗濯物を干す順番も決まっていて、
いらつかされることもあります」との文面に、
「手順が決まってますよね。コンピューターみたいに。
女房が洗い物しなくていいからね、と声をかけてもやってしまう。
するといさかいが起きる...でも本当はやってもらう方がいいんですよね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年1月20日 17:00

第470回 私たちを待ってくれていた母

97歳で亡くなったお母様。
危篤の報に、妹さんと二人で駆けつけた時、
もう顔も土気色だったけれど、
大きく目を開いて「会えてよかった」と一言、
それから程なく息を引き取った...
「母親というのは、そこまで気を遣ってくれるのかなということ、
本当によかったいろいろありましたよね。
うちのお袋も、最期に俺の顔を見て、ニコッと笑ってくれました」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年1月13日 17:00

第465回 毎朝味噌汁を作ってくれる母

お母様と同居中の男性。
お母様はお嫁さんや孫ともとても仲が良く、
83歳になる今も、毎朝早起きして味噌汁を作ってくださるそうです!
「近くにいればいるほどねえ。毎回申し上げますが、
逆に悪態ついたりしちゃったりするものですよね。
同居する義母、年末に体調を崩して部屋にこもってしまって。
フラフラで顔も青白いのに、洗濯物が畳んで部屋の前に置いてあるんです。
どうして母はあそこまで強いんでしょう。
感謝しなきゃな、と思いつつ、ついキツイこと言っちゃったりするんですよね...」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年1月 6日 17:00

第455回 弟の誕生日に赤飯を炊いた母。

一人暮らしの母が、息子の誕生日に、
赤飯を炊いて一人で食べていた、という話。
「そうかあ。本人に食べさせるわけでもなく、
自分自身で炊いて食べた。これはジーンときますね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2016年12月23日 17:00
TOPへ戻る