番組ブログ

第796回 息子と飲みに行きました!

20才になった息子さんと居酒屋に行き、
将来の夢や彼女の事など、しみじみ語り合った...
というメッセージをご紹介。
「これは父親の夢ですよね。
 息子が小さい頃は一緒に飲めるかな...と思うんだけど、
 いざ成人する頃には、こっちが弱くなってる。
 一緒に飲むこともあるんですけど、
 家族と飲むと回りが速いですね。
 明らかにつまらないギャグを連発してて(笑)
 息子たちが引いてます」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2018年4月16日 17:00

第789回 あの日、木に登らなければ

頑丈だったけど、飲み過ぎと認知症を患い、
枝打ちのため木に登って落ち、大腿骨骨折、
そのまま入院中肺炎で逝ってしまった父...
あの時木に登らせなければよかった...
「親って亡くなってみると、
 あの時ああすればよかった...っていうのが
 押し寄せてくるんですよね。
 でもね、このお父さんはきっと、
 お酒が好きだっただけだと思いますよ」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2018年4月 5日 17:00

第759回 出塁率10割、その訳は...

今日は「父親がスーパーマンに見えた時」。
少年野球をやっていた投稿者は、腰が引けて、
まったくバッティングがダメだった。
でも、父親が主審の時は、ぜんぶボールにしてくれたので、
出塁率は10割だった...というお話。
「いいんでしょうか、これは(笑)。
うちのマネジャーも子どもの野球に熱心に付き合って
審判やったりしてるらしいんですよ。怪しいなあ(笑)」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2018年2月22日 17:00

第734回 厳しくも支えてくれた父

自転車の特訓をして、乗れるようにしてくれた父。
その後もずっと見守り、支え続けてくれた。
父の偉大さが身にしみる、という66歳美容師の方。
「俺も親父に自転車教わりました。
近くの河川敷でしたが、何で父親って、
もう少し優しく教えてくれないんでしょうね(笑)」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2018年1月18日 17:00

第701回 簡単に自転車を直してくれた父

(父親がスーパーマンに見えたとき)
補助輪なしで自転車に乗れるようになった時、
ブレーキがうまくかけられず、用水路に転落。
せっかくの自転車が壊れてしまった...
それを父がきれいに直してくれた。
その時、父がスーパーマンに思えた、という
男性からのメッセージをご紹介。
「まさしくこれは、スーパーマンですね。
父親をスーパーマンに見せるアイテムとして、
自転車は重要だと思います!」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年12月 4日 17:00

第694回 いつも一緒だった父

中学、高校の6年間、ずっと電車で一緒に通い、
カバンも持ってくれていた父。
久しぶりに親戚の結婚式に出ることになり、
55歳でガンのため亡くなってしまった父を思い出した...
「なんと優しいお父さんだったんでしょう。
娘さんにはそうしたくなるのかな」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年11月23日 17:00

第688回 父は71歳の現役棟梁!

徹さんが提案した新テーマ
「父親がスーパーマンに見えた時」にメールが届きました。
71歳の今でも現役で現場を仕切る大工の棟梁。
子どもの頃から現場に連れてってもらったけれど、
当時は本当にスーパーマンに見えました...
「仕事をしている時の親父っていうのは、
ホントに別人、スーパーマンに見えたりしますよね。
うちの親戚の、子どもの頃は本当にダメだった奴が、
やっぱり建築関係の仕事をしていて...。
実家のメンテナンスを頼んだら、いとも簡単に
直してくれて、思わずお茶を出してしまいました(笑)」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年11月15日 17:00

第683 回 正月、笑顔を見せてくれた父が...

東京暮らしの男性。
新潟に暮らす両親のもとに
今年の正月、 久々に一家揃って帰省、
愛想もない父親が本当に喜んでくれた。
ところが夏に病に倒れ、不帰の客に...
通夜の席で「お父さんの世話になった」と言葉をかけられ、
思わず崩れ落ちてしまった...
「うちのお袋のときも、若かった頃の話とか、
世話になったとか、ずいぶん言葉をかけていただきました。
思えば、きっと、それは母親の遺言なんですよね」」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年11月 8日 17:00

第652回  やんばるのオバーの家で

沖縄から届いた「夏休みの思い出」。
祖父母が育てた野菜と、
父が海から採ってきた魚介類...
自由自在に泳ぐ父がスーパーマンに見えた...
「ヤンバルのオバー...沖縄っぽくていいですよね。。
それにしても自然の中に行くと、
父親って本当にスーパーマンになりますよね!」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年9月26日 17:00

第647回 頑固な父が握ったすし

今日は、新聞掲載の投稿から...。
何か行事があるごとに、
料理を作って振る舞うのが大好きだった
素敵なお父さんの思い出をご紹介いただきました。
「家族の思い出、料理は一番大切なアイテムですよね。
料理と共に親戚の顔が浮かんできます。
叔母の焼き鳥、叔父の昆布巻き、おばあちゃんの卵焼き、
お袋の大根と昆布の煮物...
女房のゴーヤチャンプルー、ラタトゥイユ...
野菜が多いんです...」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年9月19日 17:00

第642回 なぜあの朝、寝坊しちゃったんだろう

夏休みの朝、寝坊して、
家族一緒に朝食が食べられなかった。
ところがその日、父親が突然倒れ、
帰らぬ人になってしまった...
40年近く経った今も悔やまれる...という
女性からのメールをご紹介。
「人生はいろんなことに出くわしますが
突然の別れというのは辛いものですよね。
うちの女房の父親もそうだったんです。
いまだにその時のことは鮮烈なようで、
よく話したりしてます...」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年9月12日 17:00

第637回 優しかった父が鬼の形相で...

台風の日、水かさが増してきた外で遊んでいて、
温厚な父に鬼の形相で叱られた...という
思い出話を送ってくださった、愛知県の女性。
「子どものころは、台風が来るぞというと、
ろうそくを用意したり、窓を打ちつけたり、
なんとなく普段と違う雰囲気に、
正直、ワクワクするようなこともありました。
でも最近は雨の規模が違いますよね。
子どもを守るためにも厳しくしなきゃいけませんね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年9月 5日 17:00

第632回 息子3人と出かけたキャンプ

3人の男の子のお父さん。
子どもたちが小さいころは。
地元のキャンプイベントに毎年参加して、
貴重な体験を積みました...というメールをご紹介
(夏休み特集にいただいたものでした)。
「いいですね〜。夏だからこその催し物。
うちの息子たちも、幼稚園でキャンプに行きました。
見送りに行った東京駅でアコーディオンの伴奏で
親も歌わされ、恥ずかしい思いをしたことがありました」
そして、小学生だった次男の登山が悪天候で中止になり、
一念発起した郁恵夫人が同じ山に次男を連れて登り、
リベンジを果たしたエピソードもご披露いただきました!

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年8月29日 17:00

第637回 優しかった父が鬼の形相で...

台風の日、水かさが増してきた外で遊んでいて、
温厚な父に鬼の形相で叱られた...という
思い出話を送ってくださった、愛知県の女性。
「子どものころは、台風が来るぞというと、
ろうそくを用意したり、窓を打ちつけたり、
なんとなく普段と違う雰囲気に、
正直、ワクワクするようなこともありました。
でも最近は雨の規模が違いますよね。
子どもを守るためにも厳しくしなきゃいけませんね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年8月29日 17:00

第617回 父との関係改善、努力中

自分の娘が父親(夫)に上手に甘えているのを見て、
それに引き換え、自分と父親の関係は
うまく行ってないなあ...と思う女性。
ガンの疑いが晴れた今、
これからは改めて父との関係を作っていきたい...
「親とちゃんと話をしているか、と考えると、
きちんと目を見て話すことは、そんなになかったですよね。
でも最近はそういう時間が増えてきています。
親父の耳が遠くなってきたので...」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年8月 8日 17:00

第612回 父はぬか漬けに夢中です!

ぬか漬け作りに夢中なお父さん。
山登りにも持参、周囲の方に分けると
皆さん大喜び!
暑い夏も父のぬか漬けで乗り越えたい...という
九州の女性からのメッセージをご紹介。
「いいですね。ぬか漬け大好きです。
昔はお袋がぬか床を作ってね。
郁恵のおばあちゃんが漬けていたぬか漬けも、
本当に美味しかったなあ」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年8月 1日 17:00

第607回 裕次郎の歌が好きだった父

父を亡くして一年という息子さんからのメッセージ。
最近はカラオケで父の好きだった裕次郎ナンバーを歌って
泣いている...とのこと。
「俺もボスの歌を歌うとジーンと来ます」
ちなみに徹さんが親で一番忘れられないのは、
夜中に筋子を咥えたまま振り返ったお母さんの姿だそうです。
「妖怪かと思いました(笑)」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年7月25日 17:00

第602回 父が残した畑の小屋

とても器用で何でも自作していたお父様。
いま使っている畑の2坪ほどの小屋も父の作。
もう35年も経って、建て替えの時期だが、
父のの匂いを感じるただ一つの場所だけに、
壊すこともできません...というメールをご紹介しました。
「昔のお父さん何でも作っちゃってたイメージありますよね。
台所の床板を直したり、台風が来ると窓に板を打ち付けたり。
金槌と釘を使う機会、いまに比べると多かったですよね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年7月18日 17:00

第592回 練り製品が食べられない夫

練り製品がダメな夫。
子どもたちが小さい時は
「家がカマボコ屋さんだったから、
小さい時に一生分食べてしまった」と
言っていたが、最近ではあきれられている...というお話。
「まあ、嫌いなものはしょうがないですよね。
うちの親父もね、長ネギの生が嫌いなんですよ。
生ネギは風邪をひくんだ、って言うから、
俺もずっとそう信じ込んでいたんですよ(笑)」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年7月 4日 17:00

第587回 助け舟を出してくれた父

きつい母親に叱られていると、助け舟を出してくれた父。
宿題の絵を持ち帰ると、手伝ってくれた、画家志望だった父...
酒とタバコさえあれば、ほかに何もいらなかった父...
「親が手伝うって、ありがちですが、うちもね、
裕太がなかなか宿題をやらなくて...
田舎に遊びに行ってたんですけど、
親父と親戚が寄ってたかって凄いのを作っちゃって...」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年6月27日 17:00
TOPへ戻る