くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

カリカリナッツたれ麺

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


2018年6月のテーマは、「夏のさっぱり麺」です。
今回は、暑い夏を乗り切りれる麺料理のレシピをご紹介します。


6月22日のお料理は・・・、『カリカリナッツたれ麺』
44hal_20180522_014446.jpg
では、〈カリカリナッツたれ麺〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
〈麺つゆ〉
・水        250cc
・淡口醤油    大さじ2(30cc)
・味醂      大さじ2(30cc)
・削り節        5グラム
〈トマトおろし麺〉
〈カリカリナッツたれ麺〉
・トマト(小)     1個
・玉葱(小)    1/2個
・貝割れ大根    1/2パック
・油揚げ        1枚
・中華麺        2玉
・ピーナッツ(無塩) 30グラム
44hal_20180522_014463.jpg
■作り方
1)水、淡口醤油、味醂、削り節を鍋に合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせ、そのまま冷まして濾して麺つゆを作る。
2)無塩のピーナッツをフライパンで空炒りしてミキサーにかけ、粒が少し残るくらいのペーストにし、先ほど作った麺つゆで延ばす。
3)トマトは熱湯で皮を湯むきして半分に切り、5ミリくらいの櫛形にスライスする。
4)玉葱は半月の薄いスライス、貝割れ大根は4センチの長さに切り、ともに合わせて水に放ち、水気を切る。
5)油揚げはカリカリに焼き、小さく角切りにする。
6)中華麺を茹でて冷水で洗い、水気を切って器に盛り、2)のピーナッツで延ばしたつゆをかけ、3)のトマト、4)の玉葱、貝割れ大根を乗せ、5)の油揚げを散らす。


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


44hal_20180522_014462.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
トマトを薄くすることで、味を絡みやすくしてます。
ピーナツをペースト状にしたのは、つぶつぶがちょっと残るくらいが食感も香りもあっておいしいんです。
酢を足して、冷し中華のようにしてもおいしいですよ。


44hal_20180522_014461.jpg■お味見くにまる
混ぜたら、ピーナツのいい香りがしてきました。
ピーナツが口の中で混じりあっておいしいです。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、味が濃すぎずに仕上がり、いくらでも食べられます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20180522_014460.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。


トマトおろし麺

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


2018年6月のテーマは、「夏のさっぱり麺」です。
今回は、暑い夏を乗り切りれる麺料理のレシピをご紹介します。


6月15日のお料理は・・・、『トマトおろし麺』
44hal_20180522_014445.jpg
では、〈トマトおろし麺〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
〈麺つゆ〉
・水       250cc
・淡口醤油   大さじ2(30cc)
・味醂     大さじ2(30cc)
・削り節       5グラム
〈トマトおろし麺〉
・トマト       1個
・ピーマン      2個
・ベーコン    100グラム(スライスしたもの)
・大根おろし   100グラム
・おろし生姜  小さじ1
・うどん       2玉
44hal_20180522_014459.jpg
■作り方
1)水、淡口醤油、味醂、削り節を鍋に合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせ、そのまま冷まして濾して麺つゆをつくる。
2)トマトは熱湯で皮を湯むきして一口大に切る。ピーマンはヘタと種を取り、縦に千切りにする。ベーコンは5ミリ幅に切る。
3)フライパンに2)のベーコンを入れて弱火で炒る。軽く油が出てきたら2)のピーマンを入れて炒り上げ、強火にする。ここに2)のトマトを入れて絡めたら直ぐに火を止め、冷ましておく。
4)3)の具を、汁気を絞った大根おろしと合わせる。
5)うどんを茹でて冷水で洗い、水気を切って器に盛り、4)の具材(トマト、ピーマン、ベーコン、大根おろし)を乗せ、1)の麺つゆをかけ、最後におろし生姜を添える。


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


44hal_20180522_014458.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
うまみが強すぎるからまずくなるんです。
淡味のおいしさで食べなきゃいけないんです。
飽きの来ない味を毎日楽しむことが大事です。




44hal_20180522_014457.jpg■お味見くにまる
今回も色がきれいですね。黄金色のつゆです。
淡い味、淡味が口の中に広がります。
ベーコンの脂がうまみになってますね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、味がスッキリ仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20180522_014456.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

雑魚(じゃこ)オクラ

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


2018年6月のテーマは、「夏のさっぱり麺」です。
今回は、暑い夏を乗り切りれる麺料理のレシピをご紹介します。


6月8日のお料理は・・・、『雑魚(じゃこ)オクラ』
44hal_20180522_014444.jpg
では、〈雑魚オクラ〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
〈胡麻つゆ〉
・水      250cc
・淡口醤油  大さじ2(30cc)
・味醂    大さじ2(30cc)
・削り節      5グラム
・白練り胡麻   60グラム
〈雑魚オクラ〉
・ちりめんじゃこ 50グラム
・オクラ      6本
・みょうが     2本
・大葉       5枚
・素麺       3束
44hal_20180522_014455.jpg
■作り方
1)水、淡口醤油、味醂、削り節を鍋に合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせ、そのまま冷まして濾し、白練り胡麻を合わせ、胡麻つゆを作る。
2)みょうがは縦半分に切り、縦に千切りにする。大葉も千切りにし、ともに水で洗い水気を切る。
3)オクラは塩で揉み、熱湯で茹でて冷水に取り、小口切りにする。
4)ちりめんじゃこはフライパンで空炒りしてカリッとさせ、3)のオクラと混ぜ合わせる。
5)茹でて冷水で洗った素麺を器に盛り、胡麻つゆを上から掛け、2)の千切りにしたみょうがと大葉を添える。
6)3)のオクラと4)じゃこを合わせたものを添える。


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


44hal_20180522_014454.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
のどごしが良いですよね。
夏バテしないために、具材をいっぱい食べて欲しいです。
温かい麺で食べたい場合、水、淡口醤油の量を倍にしてください。




44hal_20180522_014453.jpg■お味見くにまる
見た目も清涼感あります。
ごまが利いてて、うまいな-。
オクラのネバネバでボリュームを感じます。
食感はもちろん、風味はいいですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油が、じゃこ、オクラ、みょうがなど素材の味を引き出してくれます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20180522_014452.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

細切り大根葱そば

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


2018年6月のテーマは、「夏のさっぱり麺」です。
今回は、暑い夏を乗り切りれる麺料理のレシピをご紹介します。


6月1日のお料理は・・・、『細切り大根葱そば』
44hal_20180522_014443.jpg
では、〈細切り大根葱そば〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
〈麺つゆ〉
・水     250cc
・淡口醤油 大さじ2(30cc)
・味醂   大さじ2(30cc)
・削り節     5グラム
〈細切り大根葱そば〉
・大根    厚さ5センチのもの
・青ネギ     5本
・蕎麦      2人分
・炒り白胡麻  20グラム
・ラー油    適量
・天かす    適量
44hal_20180522_014451.jpg
■作り方
1)水、淡口醤油、味醂、削り節を鍋に合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせ、そのまま冷まして濾して麺つゆを作る。
2)大根はマッチ棒くらいの千切りにし、水に放しパリッとさせて水気を切る。
3)青ネギは細かい小口切りにして、水に放し水気を切る。
4)蕎麦を茹でて冷水で洗い、水気を切り、大根と混ぜて器に盛り、天かすをのせる。
5)1)の麺つゆに炒り白胡麻、お好みでラー油を入れて混ぜ、4)のそばの上に掛ける。最後に青ネギを全体に広げるようにのせる。


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


44hal_20180522_014450.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
噛む楽しさがありますよね。
大根が入ることで、歯切れが良いんです。
麺つゆは、水に対してだいたい8分の1の淡口醤油が必要だと覚えておいてください。


44hal_20180522_014449.jpg■お味見くにまる
大根、葱、天かす、そばの混ざり具合が絶妙ですね。
蕎麦を噛みしめるとうまい!
大根と蕎麦の食感が合いますね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、麺つゆの色も美しく仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20180522_014448.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

炙り帆立 初夏サラダ

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


2018年5月のテーマは、「淡口だれで野菜と刺身を食べよう」です。
今回は、刺身を野菜と一緒においしく食べられる料理レシピをご紹介します。


5月25日のお料理は・・・、『炙り帆立 初夏サラダ』
44hal_20180412_014382.jpg
まずは、基本となる『淡口だれ』と『薬味』の作り方です。
<淡口だれ>
■用意するもの
・淡口醬油   30cc
・水      30cc
・おろし玉ねぎ 50グラム ※1/4個
■作り方
鍋に淡口醬油、水、おろし玉ねぎを全部合わせて火にかけ、ひと煮立ちしたら、冷ます。
<薬味>
■用意するもの
・青葱      2本
・大葉      5枚
・生姜     30グラム(親指大ぐらい)
■作り方
1)青葱は斜めに細く切る。大葉は千切りにする。生姜は細めの千切りにする。
2)青葱、大葉、生姜をすべて合わせて水に放して、水気を切る。
44hal_20180412_014402.jpg
では、〈炙り帆立 初夏サラダ〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・帆立(大)   4個
・キャベツの葉  2枚
・椎茸      2個
・戻し若布   50グラム
・アスパラ    1本
・レモン   1/2個
・胡椒      少々
■作り方
1)キャベツの葉は芯を取り除いて80度の湯で3分間茹で、冷水に取って粗熱を取り、水気を切ってザク切りする。
2)アスパラの根元の堅い部分の皮をむいて色良く茹で、縦半分に切り、3センチの長さに切る。
3)椎茸は軸を落とし茹で、4つに切る。若布は5センチの長さに切る。
4)帆立に塩をふり、網の上で表面を炙り、表面に軽く包丁目を入れてから手で割く。
5)ボウルにキャベツ、アスパラ、椎茸、若布、薬味、帆立を混ぜ合わせて器に盛る。
6)淡口だれにレモンの絞り汁と胡椒を混ぜ合わせ、5)にかける


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


44hal_20180412_014401.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
ホタテは手で裂くとおいしくなるんです。
今回、4回に渡ってやってきましたけど、ホタテのフルーツ挟みにしても良いですし、ホタテのトマト和へしても良いですし、いろんなパターンを試せます。




44hal_20180412_014400.jpg■お味見くにまる
今回も鮮やか。
想像していたものとは全く違います。
ホタテは手でほぐすんですね。
ホタテの甘みとキャベツのシャクシャク感がいいですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、味がスッキリ仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20180412_014392.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!