くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

バナナ袱紗

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年5月のテーマは、「淡口醤油で作る和菓子」です。
 淡口醤油と小豆を使って、小豆あんを作り、いろんな和菓子のレシピをご紹介します。


 5月19日のお料理は・・・、『バナナ袱紗(ふくさ)』
44hal_04192017_011207.jpg
では、〈バナナ袱紗〉の作り方です。
●基本となる小豆あんの作り方
■用意するもの
・小豆       300グラム
・水    1.5〜1.8リットル ※目安は豆の量の5〜6倍
・ザラメ糖     300グラム
・淡口醤油      50ミリリットル
・水飴        50グラム
  ※上記分量で1キロくらいの小豆あんを作ります。
  ※余った小豆あんは、冷蔵庫で冷やしておけば、1週間くらい持ちます。
■作り方
1)小豆を水に漬け、割れ豆、虫食い豆があったら取り除く。
2)鍋に豆のおおよそ3倍の水(分量外)とともに火にかけ、煮立ったら、ザルに取り冷水に浸す。
3)冷水で渋抜きをしてから、豆に対して5〜6倍の水でコトコトと40分くらい煮ていく。
4)豆が軽くつぶれるくらいになったら、ザラメ糖を5分くらいずつ煮ながら3回に分けて入れ、アクをすくいながら、煮上げる。
5)汁気が少なくなると鍋底が焦げやすいので、たえずしゃもじでかき混ぜながら煮詰める。
6)水飴と淡口醤油を入れ、つやとあんこの甘さを引き締める。
7)鍋底にしゃもじの跡が残るくらいの固さまで仕上げる。
44hal_04192017_011220.jpg
●バナナ袱紗の作り方 ※10個分
■用意するもの
・バナナ      120グラム(※皮をむいた状態のもの)
・小麦粉       60グラム
・牛乳        70グラム
・生クリーム 大さじ1/2
・重曹    小さじ  1
・小豆あん     150グラム
■作り方
1)バナナをフードプロセッサーでペーストにして小麦粉、牛乳、生クリームの順に入れていき、最後に重曹を混ぜて生地を作る。
2)卵焼き用のフライパンを熱し、薄く油を敷き、生地を流し入れ5ミリくらいの厚さにする。蓋をして弱火で焼く。
3)下に軽く焼き目が付き、表面が乾いたら裏返しにして軽く焼く。
4)焼き上がった袱紗地を四等分にして、あんを挟み、包丁で切る。


44hal_04192017_011219.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
後からバナナが来るから、飽きないんです。
淡口醤油が橋渡ししてくれるんです。




44hal_04192017_011218.jpg■お味見くにまる
バナナの生地がうまいなー。
生地の部分の味が後からきますね。
引き締まったあんの甘さの後にバナナが来て、食べてて意外性があります。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、小豆あんが飽きの来ない味に仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_04192017_011217.jpg
<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

よもぎ餅

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年5月のテーマは、「淡口醤油で作る和菓子」です。
 淡口醤油と小豆を使って、小豆あんを作り、いろんな和菓子のレシピをご紹介します。


 5月12日のお料理は・・・、『よもぎ餅』
44hal_04192017_011206.jpg
では、〈よもぎ餅〉の作り方です。
●基本となる小豆あんの作り方
■用意するもの
・小豆       300グラム
・水    1.5〜1.8リットル ※目安は豆の量の5〜6倍
・ザラメ糖     300グラム
・淡口醤油      50ミリリットル
・水飴        50グラム
  ※上記分量で1キロくらいの小豆あんを作ります。
  ※余った小豆あんは、冷蔵庫で冷やしておけば、1週間くらい持ちます。
■作り方
1)小豆を水に漬け、割れ豆、虫食い豆があったら取り除く。
2)鍋に豆のおおよそ3倍の水(分量外)とともに火にかけ、煮立ったら、ザルに取り冷水に浸す。
3)冷水で渋抜きをしてから、豆に対して5〜6倍の水でコトコトと40分くらい煮ていく。
4)豆が軽くつぶれるくらいになったら、ザラメ糖を5分くらいずつ煮ながら3回に分けて入れ、アクをすくいながら、煮上げる。
5)汁気が少なくなると鍋底が焦げやすいので、たえずしゃもじでかき混ぜながら煮詰める。
6)水飴と淡口醤油を入れ、つやとあんこの甘さを引き締める。
7)鍋底にしゃもじの跡が残るくらいの固さまで仕上げる。
44hal_04192017_011216.jpg
●よもぎ餅の作り方 ※10個分
■用意するもの
・上新粉      200グラム
・お湯(80℃)  200cc
・よもぎの葉     60グラム ※春菊で代用可
・塩       大さじ1
・重曹      小さじ1
・小豆あん    200グラム
■作り方
1)上新粉に湯を少しずつ加えながら木べらで混ぜる。全体に水分が渡るようにざっくり混ぜ、粗熱が取れたら手で耳たぶくらいの固さにこねる。
2)生地を8個ぐらいにちぎり蒸し器にさらしを敷き、その上に乗せ15〜20分蒸す。
  ※さらしがなければ、ガーゼでも良い。
3)よもぎの葉は、水1リットル(分量外)に塩、重曹を入れ、沸かしたお湯で柔らかく茹で、水に取り、5〜6分さらし、水気を絞って刻み、すり鉢でする。
4)蒸し上がった生地を冷水に取り、粗熱を取り、水気を切る。
5)生地とよもぎをすり鉢に入れ、すりこぎで餅状につく。
6)生地と小豆あんを10個に分け、生地を円形にのばし、小豆あんを乗せて、布巾で包み口元を閉じ形を整える。
7)布巾を敷いた蒸し器に入れ、5分蒸し、あんと餅を馴染ませる。


44hal_04192017_011215.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
芸術的な色ですね。
よもぎの苦みがヒガシマルとちょうどマッチするんです。
包むのめんどくさかったら、乗せるだけでもいいですよ。
よもぎがないときは、春菊で代用できます。


44hal_04192017_011214.jpg■お味見くにまる
緑がきれいですね。
春ですねー。いい香りですねー。
あんこ、うまー。
ヒガシマルがうまみになってます
よもぎの香りと苦みが、大人のスイーツになってますね。
よもぎもちだけを淡口醤油をつけて食べたら、つまみにもなりますよ。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、味がすっきり仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_04192017_011213.jpg
<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

柏餅

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年5月のテーマは、「淡口醤油で作る和菓子」です。
 淡口醤油と小豆を使って、小豆あんを作り、いろんな和菓子のレシピをご紹介します。


 5月5日のお料理は・・・、『柏餅』
44hal_04192017_011205.jpg
では、〈柏餅〉の作り方です。
●基本となる小豆あんの作り方
■用意するもの
・小豆       300グラム
・水    1.5〜1.8リットル ※目安は豆の量の5〜6倍
・ザラメ糖     300グラム
・淡口醤油      50ミリリットル
・水飴        50グラム
  ※上記分量で1キロくらいの小豆あんを作ります。
  ※余った小豆あんは、冷蔵庫で冷やしておけば、1週間くらい持ちます。
■作り方
1)小豆を水に漬け、割れ豆、虫食い豆があったら取り除く。
2)鍋に豆のおおよそ3倍の水(分量外)とともに火にかけ、煮立ったら、ザルに取り冷水に浸す。
3)冷水で渋抜きをしてから、豆に対して5〜6倍の水でコトコトと40分くらい煮ていく。
4)豆が軽くつぶれるくらいになったら、ザラメ糖を5分くらいずつ煮ながら3回に分けて入れ、アクをすくいながら、煮上げる。
5)汁気が少なくなると鍋底が焦げやすいので、たえずしゃもじでかき混ぜながら煮詰める。
6)水飴と淡口醤油を入れ、つやとあんこの甘さを引き締める。
7)鍋底にしゃもじの跡が残るくらいの固さまで仕上げる。
44hal_04192017_011212.jpg
●柏餅の作り方 ※10個分
■用意するもの
・上新粉      200グラム
・お湯(80℃)  200cc
・小豆あん     200グラム
・柏の葉       10枚
■作り方
1)上新粉に湯を少しずつ加え、木べらで混ぜる。全体に水分が渡るようにざっくり混ぜ、粗熱が取れたら手で耳たぶくらいの固さにこねる。
2)生地を8個ぐらいにちぎり、蒸し器にさらしを敷き、その上に乗せ15分〜20分蒸す。
 ※さらしがなければ、ガーゼでも良い。
3)蒸し上がった生地は冷水に取り、粗熱を取り、水気を切る。
4)すりこぎで搗きなめらかな餅状にし10等分にする。
5)クッキングシートを挟み、麺棒で薄い円形に伸ばし、10個に分けた1個のあんを包む。
6)柏の葉で包み、さらしを敷いた蒸し器に入れ5分弱蒸す。


44hal_04192017_011210.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
味にコクがあります。
スイーツというより料理の感じがしませんか。
あんこを自分で作るとおいしいんです。
日本人なら作りましょうよ。


44hal_04192017_011211.jpg■お味見くにまる
良い香りですねぇ〜。
蒸したことで、この香りにつながってるんですね。
あんこがうまい。
淡口醤油があんの甘さを引き立てているのですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、小豆あんの色も美しく仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_04192017_011209.jpg
<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。


蕪と干し海老の煮浸し

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年4月のテーマは、「春野菜の煮浸し」です。
 淡口醤油を使って旬の春野菜を手軽に食べていただけるレシピをご紹介します。


 4月28日のお料理は・・・、『蕪と干し海老の煮浸し』
44hal_20170407_010921.jpg
では、〈蕪と干し海老の煮浸し〉の作り方です。 ※2人分
■用意するもの
・蕪(葉付き)    2個
・干し海老     25グラム
・出汁昆布 5センチ×5センチ
・水       250cc
・淡口醤油     15cc
・酒        10cc
44hal_20170407_010925.jpg
■作り方
1)鍋に、水250cc、干し海老、出汁昆布を入れ、1時間置く。
2)蕪は、茎3センチを残し、皮をむき、5ミリの櫛形に切る。切り落とした葉は80度のお湯で2~3分茹で、5センチに切る。
3)1)の鍋を火にかけ、沸騰したら火を弱め3分煮る。出汁昆布を取り出し、千切りにする。
4)3)の鍋に淡口醤油15cc、酒10ccを入れ、櫛形に切った蕪と千切りにした昆布を入れ、沸騰したら火を弱め3分煮て、蕪の葉を入れひと煮立ちしたら火を止める。

44hal_20170407_010924.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
蕎麦入れてもいいですよ。
蕪の代わりに、ニンジンやセロリでもいいですね。





44hal_20170407_010923.jpg■お味見くにまる
蕪の葉のわずかな辛みが素晴らしいです。
これ、うどん入れてもいいですね。
汁がまたうまいなー。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、飽きの来ない味に仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170407_010922.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

水菜と干し貝柱の煮浸し

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年4月のテーマは、「春野菜の煮浸し」です。
 淡口醤油を使って旬の春野菜を手軽に食べていただけるレシピをご紹介します。


 4月21日のお料理は・・・、『水菜と干し貝柱の煮浸し』
44hal_20170407_010916.jpg
では、〈水菜と干し貝柱の煮浸し〉の作り方です。 ※2人分
■用意するもの
・水菜        3株
・ウド   5センチ×2本
・干し貝柱     20グラム
・出汁昆布 5センチ×5センチ
・水       250cc
・淡口醤油     15cc
・酒        10cc
44hal_20170407_010919.jpg
■作り方
1)鍋に水250ccと干し貝柱と出汁昆布を入れ、1時間浸しておく。
2)水菜はさっと茹でて冷水に取り、5センチに切る。
3)ウドは皮をむき、5ミリ角の拍子木に切る。
4)1)の鍋を火にかけ、沸騰したら火を弱め3分煮る。
5)煮た鍋に淡口醤油15ccと酒10ccを入れ味付けをし、2)の水菜、3)のウドを入れ1分煮る。(出汁昆布は取り出さなくて良い)

44hal_20170407_010920.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
貝柱に塩分があるので、今回は淡口醤油は少なめです。
ウドの苦みが料理を際立たせます。





44hal_20170407_010918.jpg■お味見くにまる
緑が鮮やか。
貝柱の香りが"ふわっ"と広がりますね。
淡口醤油を使わないと、この淡い色は出ないですよね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油が、水菜、貝柱、ウドなどの味を引き出してくれます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170407_010917.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!