くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

鶏ハム梅肉挟み

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年8月のテーマは、「鶏ハム」です。
 鶏肉のハムを、家庭で簡単に作る方法です。冷蔵庫で保存しておけば、食べたい時に食べられますのでオススメです。


 8月18日のお料理は・・・、『鶏ハム梅肉挟み』
44hal_20170725_012196.jpg
まずは、基本となる〈鶏ハム〉と〈鶏ハム野菜スープ〉の作り方です。
■用意するもの
・鶏むね肉(2枚) 500グラム
・塩         10グラム
・水          1リットル
・淡口醤油     100cc
・酒        100cc
・セロリの葉    100グラム
・玉ねぎ      100グラム
・ニンジン      50グラム
・長葱        50グラム


■作り方
1)鶏むね肉の皮をむき、身の両面に塩をして1時間置く。
2)1本ずつ縦の棒状にタコ糸で巻き縛り、熱湯で霜降りをして冷水に取り、水洗いして水気を切る。皮も霜降りしておく。
3)野菜(セロリ、玉ねぎ、ニンジン、長葱)はすべてザク切りにする。
4)鍋に水、淡口醤油、酒とざく切りにした野菜を合わせ、霜降りした鶏肉と皮を入れ、火にかける。沸騰したら、火を弱めアクをすくい、ごく弱火にして20分煮る。鶏肉を取り出し、冷まし、たこ糸をほどいておく。
5)煮た野菜をザルに取り、煮汁と分け、野菜をミキサーかフードプロセッサーでペースト状にする。これを煮汁の中に入れ、のばし、熱が取れたら先ほどの鶏ハムを煮汁に浸す。(2~3時間浸しておいても良いし、浸さなくても良い)
6)鶏ハムを取り出し、今回は1.5センチにスライスする。これで完成。残った煮汁が鶏ハム野菜スープになります。
※皮は、取り出して細かく切り、胡瓜もみと混ぜたら、おかずの一品になります。
※鶏ハムは、山葵醤油や辛子醤油で食べてもオススメです。
44hal_20170725_012199.jpg
続いて、〈鶏ハム梅肉挟み〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・鶏ハム  100グラム(1.5センチにスライスしたもの)
・大葉     6枚
・梅肉  大さじ2
※今回は、鶏ハム野菜スープは使いません。水で倍に薄めてスープとしてお楽しみください。


■作り方
1)鶏ハムを1.5センチにスライスする。間に途中まで切り込みを入れる。
2)大葉を広げ、梅肉小さじ1を乗せ、折りたたんで、鶏ハムの間に挟む。

44hal_20170725_012200.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
さわやかで夏に良いですよね。
生姜のスライス挟んでもいいですよ。
柴漬けも合いますよ。




44hal_20170725_012198.jpg■お味見くにまる
こんなにおいしいとは思わなかった。
鶏肉と梅肉の相性いいですね。
鶏ハムって作っておくと、いろいろ使えますね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、ハムも真っ黒にならずに仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170725_012197.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

鶏ハムもずくスープ

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年8月のテーマは、「鶏ハム」です。
 鶏肉のハムを、家庭で簡単に作る方法です。冷蔵庫で保存しておけば、食べたい時に食べられますのでオススメです。


 8月11日のお料理は・・・、『鶏ハムもずくスープ』
44hal_20170725_012186.jpg
まずは、基本となる〈鶏ハム〉と〈鶏ハム野菜スープ〉の作り方です。
■用意するもの
・鶏むね肉(2枚) 500グラム
・塩         10グラム
・水          1リットル
・淡口醤油     100cc
・酒        100cc
・セロリの葉    100グラム
・玉ねぎ      100グラム
・ニンジン      50グラム
・長葱        50グラム


■作り方
1)鶏むね肉の皮をむき、身の両面に塩をして1時間置く。
2)1本ずつ縦の棒状にタコ糸で巻き縛り、熱湯で霜降りをして冷水に取り、水洗いして水気を切る。皮も霜降りしておく。
3)野菜(セロリ、玉ねぎ、ニンジン、長葱)はすべてザク切りにする。
4)鍋に水、淡口醤油、酒とざく切りにした野菜を合わせ、霜降りした鶏肉と皮を入れ、火にかける。沸騰したら、火を弱めアクをすくい、ごく弱火にして20分煮る。鶏肉を取り出し、冷まし、たこ糸をほどいておく。
5)煮た野菜をザルに取り、煮汁と分け、野菜をミキサーかフードプロセッサーでペースト状にする。これを煮汁の中に入れ、のばし、熱が取れたら先ほどの鶏ハムを煮汁に浸す。(2~3時間浸しておいても良いし、浸さなくても良い)
6)鶏ハムを取り出し、今回は5ミリにスライスする。これで完成。残った煮汁が鶏ハム野菜スープになります。
※皮は、取り出して細かく切り、胡瓜もみと混ぜたら、おかずの一品になります。
※鶏ハムは、山葵醤油や辛子醤油で食べてもオススメです。
44hal_20170725_012194.jpg
続いて、〈鶏ハムもずくスープ〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・鶏ハム(5ミリにスライスしたもの)6枚
・もずく             60グラム
・茗荷               2本
・鶏ハム野菜スープ       200cc
・水              100cc


■作り方
1)茗荷を縦に3等分に切る。
2)鍋に鶏ハム野菜スープともずくと水、茗荷を入れ、火にかける。
3)沸騰したら鶏ハムを入れ、温める。


44hal_20170725_012193.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
疲れた時、これ食べたら元気になれそうですよね。
冷めても、他のお肉と違って脂肪が浮かないんです。
茗荷は加熱すると甘味が出るんです。
もずくの代わりに若布でもいいですよ。
これでこの夏、乗り切りましょう。
鶏ハムは、チャーハンに入れてもいいですよ。


44hal_20170725_012187.jpg■お味見くにまる
もずくたっぷりですね。
温かいもずく、体によさそうですね。
茗荷から甘味を感じます。
体の芯まで温まりますね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、味もすっきり仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170725_012188.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

鶏ハムトマトスープ

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年8月のテーマは、「鶏ハム」です。
 鶏肉のハムを、家庭で簡単に作る方法です。冷蔵庫で保存しておけば、食べたい時に食べられますのでオススメです。


 8月4日のお料理は・・・、『鶏ハムトマトスープ』
44hal_20170725_012185.jpg
まずは、基本となる〈鶏ハム〉と〈鶏ハム野菜スープ〉の作り方です。
■用意するもの
・鶏むね肉(2枚) 500グラム
・塩         10グラム
・水          1リットル
・淡口醤油     100cc
・酒        100cc
・セロリの葉    100グラム
・玉ねぎ      100グラム
・ニンジン      50グラム
・長葱        50グラム


■作り方
1)鶏むね肉の皮をむき、身の両面に塩をして1時間置く。
2)1本ずつ縦の棒状にタコ糸で巻き縛り、熱湯で霜降りをして冷水に取り、水洗いして水気を切る。皮も霜降りしておく。
3)野菜(セロリ、玉ねぎ、ニンジン、長葱)はすべてザク切りにする。
4)鍋に水、淡口醤油、酒とざく切りにした野菜を合わせ、霜降りした鶏肉と皮を入れ、火にかける。沸騰したら、火を弱めアクをすくい、ごく弱火にして20分煮る。鶏肉を取り出し、冷まし、たこ糸をほどいておく。
5)煮た野菜をザルに取り、煮汁と分け、野菜をミキサーかフードプロセッサーでペースト状にする。これを煮汁の中に入れ、のばし、熱が取れたら先ほどの鶏ハムを煮汁に浸す。(2~3時間浸しておいても良いし、浸さなくても良い)
6)鶏ハムを取り出し、今回は5ミリにスライスする。これで完成。残った煮汁が鶏ハム野菜スープになります。
※皮は、取り出して細かく切り、胡瓜もみと混ぜたら、おかずの一品になります。
※鶏ハムは、山葵醤油や辛子醤油で食べてもオススメです。
44hal_20170725_012189.jpg
続いて、〈鶏ハムトマトスープ〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・鶏ハム(5ミリにスライスしたもの)6枚
・トマト(小)           1個
・きゅうり           1/2本
・生姜               1かけ
・大葉               2枚
・鶏ハム野菜スープ       200cc
・水              100cc
・酢               20cc


■作り方
1)トマトを櫛形に切る。きゅうりは3センチくらいの長さに切り、縦6等分、細長い形にする。生姜は皮をむき、スライスする。
2)鍋に鶏ハム野菜スープと酢、水、トマト、きゅうり、生姜を入れ、火にかけ沸騰したら弱火にして、トマトの皮を取り、鶏ハムと大葉をちぎり入れる。


44hal_20170725_012207.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
4種の野菜が出汁になるんです。
お家で鶏ハムが作れちゃうんですよ。
滋味深い味になってますよね。
ラーメンのつゆにもなります。




44hal_20170725_012191.jpg■お味見くにまる
香りがいいですね。
こんなに奥深い味が出るんですか。
けっこう火を入れましたけど、鶏肉の肉汁がじわっじわっと出てきますね。
パスタにしてもいいですね


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、スープの色が美しく仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170725_012192.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

海鮮胡麻豆腐

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年7月のテーマは、さっぱりと「胡麻豆腐」です。
 本来、胡麻豆腐はくず粉を使って作るのが一般的ですが、ゼラチンと電子レンジを使うことで短時間で作ることができます。今回は淡口醤油を使って夏向きの胡麻豆腐レシピをご紹介します。


 7月28日のお料理は・・・、『海鮮胡麻豆腐』
44hal_20170629_011837.jpg
まずは、基本となる〈胡麻豆腐〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・練り胡麻   50グラム
・豆乳    100cc
・水     130cc
・粉ゼラチン   5グラム
・淡口醤油    5cc
<旨出汁>
・水      80cc
・淡口醤油   10cc
・味醂     10cc
・かつお節    3グラム


■作り方
1)耐熱ガラス、又は器に、水130ccに対し粉ゼラチン5グラムをふやかして5分置き、電子レンジ(600w)に1分かけてゼラチンを溶かす。
2)1)に豆乳を100cc加えて更に電子レンジ(600w)に30秒かけて冷ます。
3)ボウルに練り胡麻、淡口醤油を入れ、先ほど電子レンジにかけた豆乳とゼラチンを合わせたものでのばしていく。これを、中鉢の器に入れて冷やし固める。
4)旨出汁を作る。水、淡口醤油、味醂、かつお節を耐熱ガラスに入れて電子レンジ(600w)に1分かけ、冷ましてから濾す。
44hal_20170629_011833.jpg
続いて、〈海鮮胡麻豆腐〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・海老(殻付)  2本
・生ウニ    30グラム
・芽かぶ    30グラム
・山葵      適量
・塩      10グラム(小さじ2杯)
・お湯    500cc


■作り方
1)お湯に塩を入れて塩分2%のお湯をつくり、70度に冷ましてから海老を入れて5分茹でて皮をむき、3等分に切る。
2)芽かぶは包丁で粗目に叩く。
3)胡麻豆腐の器に海老、芽かぶ、生ウニを乗せ、旨出汁を張り、山葵を添える。


44hal_20170629_011832.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
ブレックファーストにシャンパン飲みながら、これを食べたらおしゃれですよね。
アボカド乗せてもおいしいですよ。




44hal_20170629_011831.jpg■お味見くにまる
えびがプリプリでジューシー。
えびの甘味も出てますよ。
皆さん、胡麻豆腐でいろんなアレンジしてみてください。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油があれば、色んな種類の胡麻豆腐の料理を作ることができます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170629_011830.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

じゅんさい胡麻豆腐

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年7月のテーマは、さっぱりと「胡麻豆腐」です。
 本来、胡麻豆腐はくず粉を使って作るのが一般的ですが、ゼラチンと電子レンジを使うことで短時間で作ることができます。今回は淡口醤油を使って夏向きの胡麻豆腐レシピをご紹介します。


 7月21日のお料理は・・・、『じゅんさい胡麻豆腐』
44hal_20170629_011836.jpg
まずは、基本となる〈胡麻豆腐〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・練り胡麻   50グラム
・豆乳    100cc
・水     130cc
・粉ゼラチン   5グラム
・淡口醤油    5cc
<旨出汁>
・水      80cc
・淡口醤油   10cc
・味醂     10cc
・かつお節    3グラム


■作り方
1)耐熱ガラス、又は器に、水130ccに対し粉ゼラチン5グラムをふやかして5分置き、電子レンジ(600w)に1分かけてゼラチンを溶かす。
2)1)に豆乳を100cc加えて更に電子レンジ(600w)に30秒かけて冷ます。
3)ボウルに練り胡麻、淡口醤油を入れ、先ほど電子レンジにかけた豆乳とゼラチンを合わせたものでのばしていく。これを、中鉢の器に入れて冷やし固める。
4)旨出汁を作る。水、淡口醤油、味醂、かつお節を耐熱ガラスに入れて電子レンジ(600w)に1分かけ、冷ましてから濾す。
44hal_20170629_011829.jpg
続いて、〈じゅんさい胡麻豆腐〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・生じゅんさい   100グラム
・枝豆(上身)    30グラム
・山葵        適量


■作り方
1)枝豆は茹でてサヤから外し、薄皮をむいておく。
2)生じゅんさいは熱湯でサッと15秒ほど茹で、氷水で粗熱を取り、ザルで水気を切る。
  ※じゅんさいは、好みでカットしてもよい。
3)胡麻豆腐の器にじゅんさい、枝豆を乗せ、旨出汁を張り、山葵を添える。


44hal_20170629_011828.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
淡口醤油は、味、色とも邪魔していませんね。
今は、冷蔵庫とレンジとゼラチンがありますから、家庭で簡単に胡麻豆腐作れますよ。




44hal_20170629_011827.jpg■お味見くにまる
じゅんさいの食感を楽しめるのは、日本人独特ですよね。
旨出汁もおいしいですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、旨出汁の色も美しく、味もすっきり仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170629_011826.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!