くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

加薬大豆

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

2019年2月のテーマは、「炒り大豆を食べよう」です。
今回は、節分で余った炒り大豆を使った料理をご紹介します。

2月22日のお料理は・・・、『加薬大豆』
44hal_20190122-5R3A3642_Canon.jpg
では、〈加薬大豆〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・大豆      50グラム
・雑魚(じゃこ) 20グラム
・生姜      20グラム
・大葉       5枚
・長葱     1/3本
・海苔       1枚
・七味唐辛子    少々
・酒      100cc
・味醂      50cc
・砂糖      50グラム
・淡口醤油    10cc
44hal_20190122-189A3830_Canon.jpg
■作り方
1)フライパンで大豆を中火で軽く焼き色がつくまで炒り、酒、味醂、砂糖、淡口醤油を合わせたものに半日浸しておく。
2)生姜・長葱・大葉は粗みじんに切り、水でサッと洗い水気を切る。海苔は細かくちぎる。
3)雑魚(じゃこ)はフライパンで表面がカリッとするまで空炒りする。
4)鍋に浸した大豆を汁ごと移して火にかける。煮汁が煮立ってきたら雑魚、大葉、生姜、長葱、を加えて煮詰め、仕上がりに海苔を乗せ、七味唐辛子を振る。

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

44hal_20190122-189A3836_Canon.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
フランスパンに乗せてもおいしいですよ。
釜揚げうどんやパスタにも合います。
淡口醤油が品よく仕上げてくれます。




44hal_20190122-189A3826_Canon.jpg■お味見くにまる
これはうまみがすごいな。
豆とじゃこの相性も良いですね。
酒のつまみにもなりますね。


 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油があれば、いろいろなバリエーションの大豆料理を簡単に作ることができます。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。


◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20190122-189A3825_Canon.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

炒り大豆の卵丼

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

2019年2月のテーマは、「炒り大豆を食べよう」です。
今回は、節分で余った炒り大豆を使った料理をご紹介します。

2月15日のお料理は・・・、『炒り大豆の卵丼』
44hal_20190122-5R3A3632_Canon.jpg
では、〈炒り大豆の卵丼〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・大豆   50グラム
・長葱  1/2本
・椎茸    2個
・油揚げ   1枚
・卵     2個
・胡椒    少々
・水    150cc
・豆乳    50cc
・淡口醤油  20cc
・ご飯   茶碗2杯
44hal_20190122-189A3816_Canon.jpg
■作り方
1)フライパンで大豆を中火で軽く焼き色が付くまで炒り、水150ccに浸して半日浸しておく。
2)長葱は5ミリくらいの斜め切りに、椎茸は軸を落として5つにスライスし、油揚げは横半分に切り、小口にスライスする。
3)鍋に浸しておいた大豆を汁ごと入れ、豆乳、淡口醤油と長葱、椎茸、油揚げを加えて火にかける。
4)ひと煮立ちしたら弱火で1分間煮て、溶いた卵を流し入れる。半熟状態で火を止めて胡椒をふり、ご飯の上に乗せる。

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

44hal_20190122-189A3819_Canon.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
半日浸しましたけど、2日でも3日でもかまいません。
これで硬さがほぐれます。
受験を控えたお子さんに食べさせても良いですよ。
品の良い香りも楽しめますよね。



44hal_20190122-189A3808_Canon.jpg■お味見くにまる
おいしい。
ほんのり甘みがありますね。
卵丼で豆を使うと、味わいは淡いけど、ボリュームありますね。
豆まきの豆でこれほどの料理ができるなんて、驚きです。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油が、大豆、卵などの食材の素材本来の味を引き出してくれます。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。


◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20190122-189A3806_Canon.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

炒り大豆ご飯

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

2019年2月のテーマは、「炒り大豆を食べよう」です。
今回は、節分で余った炒り大豆を使った料理をご紹介します。

2月8日のお料理は・・・、『炒り大豆ご飯』
44hal_20190122-5R3A3620_Canon.jpg
では、〈炒り大豆ご飯〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・大豆     100グラム
・米        2合
・生姜      30グラム
・分葱       2本
・水      300cc
・淡口醤油  大さじ2(30cc)
・酒     大さじ2(30cc)
・胡椒      適量
44hal_20190122-189A3801_Canon.jpg
■作り方
1)フライパンで大豆を中火で軽く焼き色がつくまで炒る。
2)生姜はみじん切りにし、分葱は小口切りにする。
3)米は洗い、水に15分浸してからザルに上げ、15分水切りをする。炊飯器に米と炒り大豆、水、淡口醤油、酒、を入れて早炊きモードで炊く。
4)炊きあがる直前に生姜を入れて蒸らし、蒸らした後に分葱と胡椒を入れてかき混ぜ、茶碗に盛る。

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

44hal_20190122-189A3799_Canon.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
豆を使う料理は地味に思えるかもしれませんが、これは古くて新しい感じがしませんか。
おにぎりにしても良いですよ。




44hal_20190122-189A3786_Canon.jpg■お味見くにまる
おいしい。
淡い味わいが感じられます。
冷めてもおいしいですよね。
淡口醤油が色と味だけでなく香りも演出してくれてますね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから味がすっきりしていて、飽きのこない味に仕上がります。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。


◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20190122-189A3784_Canon.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

炒り大豆とトマトの甘酢漬

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

2019年2月のテーマは、「炒り大豆を食べよう」です。
今回は、節分で余った炒り大豆を使った料理をご紹介します。

2月1日のお料理は・・・、『炒り大豆とトマトの甘酢漬』
44hal_20190122-5R3A3609_Canon.jpg
では、〈炒り大豆とトマトの甘酢漬〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・大豆     50グラム
・トマト     1個(150グラム) 
・大葉      3枚
・生姜     20グラム 
・炒り胡麻 大さじ1
・水     100cc
・酢      50cc
・砂糖     20グラム
・淡口醤油   25cc 
44hal_20190122-189A3769_Canon.jpg
■作り方
1)フライパンで大豆を中火で軽く焼き色が付くまで炒る。
2)鍋に、水、酢、砂糖、淡口醤油を合わせてタレを作り、炒り大豆を入れて火にかける。ひと煮立ちしたら火を止め、冷ましておく。
3)生姜と大葉を粗みじんに切り、水で洗い水気を切る。
4)トマトは皮を湯むきして櫛形に切り、種の部分を取り除き小角に切る。
5)先ほど作ったタレと炒り大豆と生姜、大葉、トマト、炒り胡麻を合わせる。

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

44hal_20190122-189A3778_Canon.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
今年から豆まくのやめて、体の中に入れちゃえばいいんですよ。
淡口醤油を使っているから味がまろやかになってます。
作り置きできるから便利ですよ。




44hal_20190122-189A3772_Canon.jpg■お味見くにまる
大豆がふにゃっとするかなと思ったら、歯ごたえがありますね。
豆まきで余った豆、こんなふうに料理すれば良いんですね。
淡口醤油25ccでこれだけの味が出せるのですね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、料理の色が美しく仕上げることができます。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。


◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20190122-189A3767_Canon.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

セリと油揚げの卵とじ

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


2019年1月のテーマは、「菜っ葉の卵とじ」です。
今回は、調理料は淡口醤油のみ。余計なものを入れてなくてもこれだけのものが作れる!という料理をご紹介します。


1月25日のお料理は・・・、『セリと油揚げの卵とじ』
44hal_20181220_015539_5R3A3580.jpg
では、〈セリと油揚げの卵とじ〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・セリ      60グラム
・油揚げ      1枚
・戻し芽ひじき  30グラム
・水      100cc
・淡口醤油    10cc
・卵        1個
44hal_20181220_015559_189A3758.jpg
■作り方
1)油揚げは半分に切った後、短冊状に切り、熱湯をかけて油抜きし、汁気を絞る。
2)戻し芽ひじきも熱湯に浸してアクを抜く。セリは3㎝に切る。
3)鍋に水と淡口醤油と油揚げを入れて火にかける。煮立ったら火を弱めて1分煮て、セリと芽ひじきを入れる。再び煮立ったら溶いた卵を外側から内側へ流し入れ、半熟の時に火を止める。


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


44hal_20181220_015558_189A3754.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
うまみが強すぎず、足りなくもない、ほどよい味わいに仕上がってます。
中華麺や、うどんに乗っけてもおいしいですよ。




44hal_20181220_015557_189A3749.jpg■お味見くにまる
今日も淡口醤油のおかげで、色が鮮やかですね。
受験シーズンに、受験生の夜食に作っても喜ばれますね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油があれば、いろんなバリエーションの卵とじを簡単に作ることができます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20181220_015556_189A3747.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。


radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!