くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

粕汁

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2018年1月のテーマは、「冬の根菜スープ」です。
 まず、基本のスープを作り、これをベースに、淡口醤油と合わせていろいろなスープのが作れるレシピをご紹介します。


 1月19日のお料理は・・・、『粕汁』
44hal_20171221_013298.jpg
まずは、基本となるスープの作り方です。
■用意するもの
・大根        200グラム(長さ10センチぐらい)
・里芋        200グラム(4個くらい)
・こんにゃく     150グラム(板こんにゃく半分)
・ごぼう       100グラム(1本)
・にんじん      100グラム(1/2本)
・椎茸          6枚
・水           2リットル
・出汁昆布(10センチ角)1枚

■作り方
1)大根、にんじんは1センチ幅のイチョウ切りにする。
2)里芋は一口大に切る。
3)こんにゃくはスプーンで一口大にちぎる。
4)椎茸は軸を落として4等分に切る。
5)ごぼうは3ミリの小口切りにし、水でサッと洗う。
6)ごぼう以外の野菜とこんにゃくを熱湯に3秒浸してザルに上げ、水気を切る。  
7)鍋にすべての野菜と出汁昆布とこんにゃくを入れて中火弱にかけ、沸騰したらアクをすくい、野菜が柔らかくなるまで火を通し、4等分に分ける。
この4等分に分けたものを使って、「粕汁」を作ります。
※残った3/4の汁は冷蔵庫で保存しておけば、いろんなスープを作ることができます。
※出汁昆布はそのままでも、取り出してもどちらでも良い。
44hal_20171221_013290.jpg
では、〈粕汁〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・鮭(甘塩)       2枚
・油揚げ         1枚
・長葱          1本
・練り粕       100グラム
・淡口醬油       15cc (大さじ1)
・七味唐辛子      少々
・基本のスープ (汁:400cc・具材:200グラム)

■作り方
1)鮭は一口大に切り、焼いておく。
2)油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、横半分に切り、
3)1センチ幅の短冊に切る。長葱は1㎝幅の小口に切る。
4)基本のスープを少し取り、練り粕と混ぜて柔らかくする。
5)鍋に、練り粕、残りの基本のスープ、鮭、油揚げ、長葱を入れ、淡口醬油で味を調える。
6)火にかけて温まったら器に盛り、お好みで七味唐辛子を入れる。

44hal_20171221_013292.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
鮭は煮すぎるとまずくなります。
焼いた鮭をそのまま入れるだけでいいんです。
塩サバ、塩ブリでも良いですよ。
淡口醤油が食材の邪魔をしていないでしょ。
うどんやパスタを入れてもおいしいですよ。

44hal_20171221_013291.jpg■お味見くにまる
粕汁って香りが良いですね。
あー、うまい!
粕汁はお店で出るイメージがありますけど、家でも作れるんですね。
(うどんの入った粕汁食べて)クリームパスタですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油が、素材本来の味を引き出してくれます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20171221_013288.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

豚汁

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2018年1月のテーマは、「冬の根菜スープ」です。
 まず、基本のスープを作り、これをベースに、淡口醤油と合わせていろいろなスープのが作れるレシピをご紹介します。


 1月12日のお料理は・・・、『豚汁』
44hal_20171221_013296.jpg
まずは、基本となるスープの作り方です。
■用意するもの
・大根        200グラム(長さ10センチぐらい)
・里芋        200グラム(4個くらい)
・こんにゃく     150グラム(板こんにゃく半分)
・ごぼう       100グラム(1本)
・にんじん      100グラム(1/2本)
・椎茸          6枚
・水           2リットル
・出汁昆布(10センチ角)1枚

■作り方
1)大根、にんじんは1センチ幅のイチョウ切りにする。
2)里芋は一口大に切る。
3)こんにゃくはスプーンで一口大にちぎる。
4)椎茸は軸を落として4等分に切る。
5)ごぼうは3ミリの小口切りにし、水でサッと洗う。
6)ごぼう以外の野菜とこんにゃくを熱湯に3秒浸してザルに上げ、水気を切る。  
7)鍋にすべての野菜と出汁昆布とこんにゃくを入れて中火弱にかけ、沸騰したらアクをすくい、野菜が柔らかくなるまで火を通し、4等分に分ける。
この4等分に分けたものを使って、「豚汁」を作ります。
※残った3/4の汁は冷蔵庫で保存しておけば、いろんなスープを作ることができます。
※出汁昆布はそのままでも、取り出してもどちらでも良い。
44hal_20171225_013325.jpg
では、〈豚汁〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・豚バラ肉(スライス)100グラム
・長葱        1/2本
・淡口醬油       15cc(大さじ1)
・基本のスープ (汁:400cc・具材:200グラム)

■作り方
1)豚肉は3センチ幅に切る。長葱は1センチ幅の小口に切る。
2)豚肉は熱湯で霜ふりをして、水に取り、軽く洗い水気を切る。
3)鍋に、基本のスープと豚肉、長葱を入れ淡口醬油で味を調える。
4)火にかけて温まったら、器に盛る。

44hal_20171221_013287.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
味噌だと強くなりすぎちゃいますよね。
醤油の軽いおいしさが合うんです。
今回は肉のうまみがあるから、淡口醤油の量は前回より、少なめです。



44hal_20171221_013285.jpg■お味見くにまる
前回のけんちん汁と全然違いますね。
豚からしっかり味が出てますね。
あー、鉄板ですね。どうしよう、止まらない。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、味がすっきり仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20171221_013279.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

けんちん汁

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2018年1月のテーマは、「冬の根菜スープ」です。
 まず、基本のスープを作り、これをベースに、淡口醤油と合わせていろいろなスープのが作れるレシピをご紹介します。


 1月5日のお料理は・・・、『けんちん汁』
44hal_20171221_013297.jpg
まずは、基本となるスープの作り方です。
■用意するもの
・大根        200グラム(長さ10センチぐらい)
・里芋        200グラム(4個くらい)
・こんにゃく     150グラム(板こんにゃく半分)
・ごぼう       100グラム(1本)
・にんじん      100グラム(1/2本)
・椎茸          6枚
・水           2リットル
・出汁昆布(10センチ角)1枚

■作り方
1)大根、にんじんは1センチ幅のイチョウ切りにする。
2)里芋は一口大に切る。
3)こんにゃくはスプーンで一口大にちぎる。
4)椎茸は軸を落として4等分に切る。
5)ごぼうは3ミリの小口切りにし、水でサッと洗う。
6)ごぼう以外の野菜とこんにゃくを熱湯に3秒浸してザルに上げ、水気を切る。  
7)鍋にすべての野菜と出汁昆布とこんにゃくを入れて中火弱にかけ、沸騰したらアクをすくい、野菜が柔らかくなるまで火を通し、4等分に分ける。
この4等分に分けたものを使って、「けんちん汁」を作ります。
※残った3/4の汁は冷蔵庫で保存しておけば、いろんなスープを作ることができます。
※出汁昆布はそのままでも、取り出してもどちらでも良い。
44hal_20171221_013281.jpg
では、〈けんちん汁〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・油揚げ         1枚
・木綿豆腐      100グラム
・長葱        1/2本
・淡口醤油       20cc
・基本のスープ (汁:400cc・具材:200グラム)

■作り方
1)油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、横半分に切り、1センチ幅の短冊に切る。長葱は1センチ幅の小口に切る。
2)鍋に、基本のスープと油揚げ、長葱を入れ、豆腐は手で崩しながら入れ、淡口醤油で味を調える。
3)火にかけて温まったら、器に盛る。

44hal_20171221_013283.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
けんちん汁は、煮物と汁を兼用した素晴らしい料理ですよね。
具材から味がでてますよね。
大変品の良い汁ですよね。




44hal_20171221_013282.jpg■お味見くにまる
この時期のけんちん汁は本当にありがたいですよね。
味が透き通っていて雑味がないですね。
体がぽかぽかになりますね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、スープの色も美しく仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20171221_013280.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

ごぼう炊きおこわ

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年12月のテーマは、「おこわ」です。
 淡口醤油と酒、それぞれ水の1/9を合わせてもち米を炊くことで、簡単においしいおこわが作れるレシピをご紹介します。


 12月29日のお料理は・・・、『ごぼう炊きおこわ』
44hal_20171129_013107.jpg
では、〈ごぼう炊きおこわ〉の作り方です。※2合
■用意するもの
・もち米        2合(300グラム)
・ごぼう       60グラム(1本の半分)
・白滝        50グラム(1/4パック)
・鶏ひき肉     100グラム
・三つ葉       10本
・胡椒         少々
<炊き汁>
・水        280cc
・淡口醤油      30cc(大さじ2)
・酒         30cc(大さじ2)
44hal_20171129_013125.jpg
■作り方
1)もち米は洗って15分水に浸け、15分ザルに上げて水気を切る。
2)縦半分のごぼうを4センチの斜め切りにして水でサッと洗う。
3)白滝は3センチの長さに切り、熱湯で1分茹で、その中に鶏ひき肉を入れ、サッと湯通ししてザルに取り、水気を切る。
4)水、淡口醤油、酒を合わせ炊き汁をつくる。
5)炊飯器に、もち米、ごぼう、白滝、鶏ひき肉を入れて炊き汁を注ぎ、普通炊きで炊く。
6)炊き上がりに、3センチの長さに切った三つ葉と胡椒を入れて蒸らし、器に盛る。


44hal_20171129_013127.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
白滝が入っているのは、口離れが良くなるためです。
私のレシピは、どれも調味料の種類が少ないです。
淡口醤油1本で、たいていの料理はおいしく作れるんですから、使わない手はないんですよ。


44hal_20171129_013126.jpg■お味見くにまる
ごぼうは香りも良いです。
ごぼうのしゃきしゃき感がたまりませんね。
おこわがおもちみたいにならないように、白滝がほぐしてくれているんですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油があれば、いろいろなおこわを作ることができます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20171129_013124.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

にんじんしめじ炊きおこわ

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年12月のテーマは、「おこわ」です。
 淡口醤油と酒、それぞれ水の1/9を合わせてもち米を炊くことで、簡単においしいおこわが作れるレシピをご紹介します。


 12月22日のお料理は・・・、『にんじんしめじ炊きおこわ』
44hal_20171129_013106.jpg
では、〈にんじんしめじ炊きおこわ〉の作り方です。※2合
■用意するもの
・もち米        2合(300グラム)
・にんじん     100グラム(1/2本)
・しめじ        1パック(100グラム)
・油揚げ        2枚
・柚子皮        適量
<炊き汁>
・水        280cc
・淡口醤油      30cc(大さじ2)
・酒         30cc(大さじ2)
44hal_20171129_013121.jpg
■作り方
1)もち米は洗って15分水に浸け、15分ザルに上げて水気を切る。
2)にんじんは3センチの長さの粗めの繊切り、しめじは石突きを取りほぐし、熱湯でサッと霜降りをする。
3)油揚げは横半分に切り、細かく刻み、熱湯をかけて水気をよく絞る。
4)水、淡口醤油、酒を合わせ炊き汁をつくる。
5)炊飯器に、もち米、にんじん、油揚げを入れて炊き汁を注ぎ、普通炊きで炊く。
6)炊き上がる直前にしめじを入れる。
7)炊き上がったら器に盛り、柚子皮の繊切りを散らす。


44hal_20171129_013123.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
今回は、にんじんの赤としめじの白、紅白で縁起が良いですよね。
今月のレシピは、どれも余ったら冷凍しておけばいいんです。
暇な時に炊いておけば便利ですよね。




44hal_20171129_013122.jpg■お味見くにまる
柚子の香りが冬を感じますね。
にんじん、柚子皮が散らしてあって、優しい色合いですね。
味付けは淡口醤油だけなのに、こんなにうまみが出るんですね
これは定番料理にして欲しいです。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油が、にんじん、しめじ、油揚げの味を引き出しています。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20171129_013120.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!