どんな放送局?

文化放送は、東京都港区にあるラジオ局です。関東1都6県の聴取エリアに向けて、24時間ラジオ番組を放送しています。

ラジオという媒体は、平日早朝は高齢者、朝はサラリーマン、午前中は主婦・・・といったように、生活習慣に合わせてリスナーが変わっていきます。ラジオは「仕事をしながら」「勉強をしながら」といったように目や手が自由になるため、何かをしながら聴く「ながら聴き」が基本スタイルです。

AMラジオの中で文化放送がどんな企業色を持っているかというと、大きく分けて以下の4つに大分されます。

01.高齢者(シニア世代)に強い!

ビデオリサーチが実施する『首都圏ラジオ聴取率調査』によると文化放送のメインリスナーは、50~60代の男女となります。在京のキー局5局の中で、50代・60代の男女で高い数値を獲得する番組が文化放送には多いです。
平日(月~金曜日)の早朝~夕方にかけて、高齢者(シニア世代)に刺さる番組編成を実施し、高齢者(シニア世代)の高い支持を受けています。

02.アイドルファンに強い!

文化放送には、若者に人気の多くの男性・女性アイドルが番組を持っています。“今”、人気のアイドルのほかに、『これから来る!』ネクストブレイクなアイドルたちが、深夜帯の放送を彩っています。
TVでは見ることのできない『素』の部分が出る文化放送のラジオ番組は、アイドルファンにとって毎週聞くべき必須コンテンツとなっており、文化放送は絶対にチェックしないといけない局となっています。

03.アニメ・ゲーム・声優ファンに強い!

文化放送は、1991年に他局に先駆けて『声優』がパーソナリティを務めるラジオ番組をスタートしました。それ以来、数多くの番組の放送とコンテンツの提供を行い、常にアニメラジオ(略称:アニラジ)ブームを牽引してきました。
現在では、地上波・インターネットラジオを合わせると“130”を超えるアニメラジオを制作・放送しています。
文化放送ではアニメ&ゲーム関連番組の放送時間帯を『A&Gゾーン(アニメ&ゲーム)』と呼称し、アニメ・ゲーム・声優ファンの『神局』として認識されています。

04.演歌・歌謡曲ファンに強い!

50年近く続く長寿番組『走れ歌謡曲』を中心に、演歌・歌謡曲ファンに向けた番組編成を行っています。
ラジオ番組に留まらず、文化放送主催の演歌・歌謡曲コンサートなどを実施し、多くのリスナーに楽しんで頂いております。

05.スポーツファンに強い!

文化放送は、スポーツファンに強く訴求するコンテンツを制作・放送しております。
1982年から、『文化放送ライオンズナイター』を放送しております。徹底的にライオンズ贔屓を貫いてきた野球中継は、ライオンズファンならずパリーグファン・野球ファンが聴いても魅力的なコンテンツとなっております。
更に、学生三大駅伝(出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝)の全てを中継!
圧倒的な取材量を基に、お届けする実況中継は聴きごたえがあり、人気のコンテンツとなっています。