2018/1/19

中国、7年ぶりに成長率が加速 景気対策で前年比6・9%増

 【北京共同】中国国家統計局が18日発表した2017年の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年比6・9%増となり、成長率は16年から0・2ポイント加速した。加速は10年以来7年ぶりで、政府目標の「6・5%前後」を上回った。堅調な消費や輸出が寄与した。共産党大会前の昨年前半に実施した景気対策も下支えた。18年は一転減速するとの見方が大勢で「第2の経済大国」中国の景気動向は世界経済に影響を与えそうだ。
 17年の10~12月期の実質GDPは前年同期比で6・8%増と、7~9月期から横ばいだった。

内容を読む
博士(経済学)・帝京大学経済学部教授・慶大経済学部非勤
宿輪純一
28

年初の番組で説明しましたが、昨年は5年ぶりの共産党大会で習近平は、経済の成長を誇示する必要がありました。そのため景気を刺激。安定的な経済政策を導入していました。しかも、成長率が高まったことを示すために、6.5%の目標のところ、6.9%の突き抜け達成としました。


いい加減なことをいう素人の方も多いですが、問題は今年です。経済を巡航速度に戻すため、今年の成長率は下がると予想されており、今年の経済成長率こそ注目されています。

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル