2017/12/27

第2次安倍政権発足から5年 首相「国民のため全力」

安倍晋三首相は26日、第2次安倍政権発足から5年を迎えたことを踏まえ「これからも全力で国民のために頑張る」と官邸で記者団に述べた。「さまざまな壁に直面したが、5回の国政選で国民の力強い支持を得たことを力に、乗り越えられた」とも述べた。
 同時に「この5年間、緊張感をもって一日一日、前に進んできた。国民の理解と支持に感謝する」と強調した。
 第2次政権が発足した2012年12月26日を振り返り「5年前も今日と同じように、身の引き締まるような清冽な朝だった。5年前の朝と同じような気持ちで、今日を迎えた」と語った。

内容を読む
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」
福本ヒデ/山本天心
9

あべ首相 年頭所感


あけましておめでとうございます。


本年は、明治維新から、150年の節目の年です。そして、「The News Masters TOKYO」、1周年の節目の年、文化放送は66周年という節目ではない年です。ちなみにザ・ニュースペーパーは30周年の節目の年であります。


「高い志と熱意を持ち、より多くの人たちの心を動かすことができれば、どんなに弱い立場にある者でも、成し遂げることができる。」

明治初期、わずか6歳で岩倉使節団に加わった津田梅子さんの言葉です。


未来は、私たちの手で、変えることができるのです。


すべては、私たち日本人の志と熱意にかかっている。150年前の先人たちと同じように、未来は変えられると信じ、行動を起こすことができるかどうかにかかっています。


昨年、国民の皆様から総選挙でお力を頂いて、大きな一歩を踏み出すことができました。


総選挙の勝因は、ファーストレディである昭恵の「内助の功」、そして小池百合子さんの「排除の功」であります。
本当に「排除」というひと言に助けられました。小池百合子さん、ありがとうございました。


最後に、国民の皆様一人ひとりにとって、特に文化放送「The News Masters TOKYO」のリスナーの皆様にとって、実り多き素晴らしい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。


ほとんど、本物のコピペである事を白状しておきます。


平成30年1月1日

ザ・ニュースペーパー あべ首相

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル