2018/2/16

日本電産社長に吉本浩之氏昇格 永守重信会長はCEO続投

 日本電産は15日、吉本浩之副社長(50)が社長に昇格する人事を発表した。6月20日の株主総会後に就任する。社長交代は1973年の創業以来初めて。創業者の永守重信会長兼社長(73)は社長は退くが代表権のある会長にとどまり、引き続き最高経営責任者(CEO)として経営のかじ取りを担う。
 吉本氏は日商岩井(現双日)や日産自動車などを経て2015年に日本電産に入社。自動車部品部門の収益改善に貢献し、永守氏から手腕を評価された。
 永守会長は京都市で記者会見し、吉本氏の起用について「若い方に渡したいという強い思いがあった」と述べた。

内容を読む
一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授
楠木建
1

こちらのニュースについて、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授の楠木建さんにお話しいただきました。詳しくはラジコのタイムフリー機能にてお聞きください。(聴取期間は1週間です。)

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル