2018/2/27

米企業、銃団体と関係絶つ動きも 不買運動懸念か

 【ニューヨーク共同】17人が犠牲になった米南部フロリダ州での高校乱射事件を受け、米大手企業が、銃規制強化に反対する有力ロビー団体、全米ライフル協会(NRA)と関係を絶つ動きを見せ始めた。
 ソーシャルメディアでは企業に対し、NRA会員向け優遇サービスの打ち切りを求める投稿が相次いでいる。企業側は不買運動などへの発展を懸念しているとみられる。
 米銀行ファースト・ナショナル・バンク・オブ・オマハは22日、ツイッターに「顧客からの意見を受け、関係を見直すことにした」と投稿。NRA会員向けに発行しているクレジットカードを更新しない方針を明らかにした。

内容を読む
国際ジャーナリスト・ミュージシャン
モーリー・ロバートソン
2

こちらのニュースについて、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんにお話しいただきました。詳しくはラジコのタイムフリー機能にてお聞きください。(聴取期間は1週間です。)

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル