2017/9/29

東芝、日米韓連合と契約締結 半導体売却、日本勢が経営権

 東芝は28日、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)を米ファンドのベインキャピタルを中心とする「日米韓連合」に売却する契約を締結したと発表した。東芝とHOYAの日本勢で議決権の過半を保有して経営権を握る。関係各国に独禁法審査を申請し、上場維持のため来年3月末までの売却完了を目指す。協業先の米ウエスタン・デジタル(WD)との係争解消も急ぐ。
 韓国半導体大手SKハイニックスが取得できる議決権は10年間、15%以下に制限し、経営への関与を抑える。独禁法審査を通りやすくする狙いで、SKは東芝メモリの情報から遮断される。

内容を読む
マクロエコノミスト
崔真淑
0

こちらのニュースについて、エコノミストの崔真淑さんにお話しいただきました。詳しくはラジコのタイムフリー機能にてお聞きください。(聴取期間は1週間です。)
http://radiko.jp/share/?sid=QRR&t=20170929073000

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル