2017/9/29

民進「解党」、希望へ合流 菅、野田氏の公認拒否

民進党は28日の両院議員総会で、前原誠司代表が提案した新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)への合流を決定した。衆院解散を受け、民進党所属の前衆院議員は前原氏を除き、基本的に離党した上で希望の党に参加する。参院側も希望の党に加わる方向で、事実上の解党となる。希望の細野豪志元環境相は菅直人元首相、野田佳彦前首相の2人の公認申請は拒否されるとの見通しを明らかにした。政権奪取に向けて、小池氏には国政復帰の待望論も出ている。
 前原氏は近く小池氏と会談し、公認調整や公約策定など詰めの協議に入る。

内容を読む
博士(経済学)・帝京大学経済学部教授・慶大経済学部非勤
宿輪純一
36

昨日の筆者のコラムで書いたことが現実になってきている。小池代表は希望の党にいれる議員の審査をしている。彼女は「保守」で、例えば改憲も念頭においているため、いわゆるリベラルの方々は入れない。彼女の基本方針に従わない人は入れないのである。
希望の党に入れてもらえなかったリベラルの方々の今後の動きについて、注目している。新党をつくるのであろうか。そして、いままでの党で、消滅するところもでてくるのであろうか。
政治の保守化は、実質的に戦争状態の「北朝鮮」や、国家的関係をさらに悪化させてくる「韓国」などの対立的な存在がある。それらが保守的("右")な流れを作っているのではないか。そして、11月4日にトランプが来日する。

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル