2017/10/10

ノーベル経済学賞にセイラー氏 米シカゴ大教授、心理学を応用

【ストックホルム共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは9日、2017年のノーベル経済学賞を、米シカゴ大のリチャード・セイラー教授(72)に授与すると発表した。経済学に心理学を応用した意思決定の分析が評価された。「行動経済学」として知られるこの分野に貢献した。
 セイラー氏は電話会見で「経済活動を行うのは人間である。経済モデルはそれを前提にしなければならない」と語った。
 従来の経済学は、人が利益の最大化のために合理的な判断をするとの前提に立っていた。セイラー氏は、認識面の制約や自制心の欠如などが意思決定や市場動向に影響を与えることを体系的に示した。

内容を読む
マクロエコノミスト
崔真淑
0

こちらのニュースについて、エコノミストの崔真淑さんにお話しいただきました。詳しくはラジコのタイムフリー機能にてお聞きください。(聴取期間は1週間です。)

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル