2017/10/23

自公3百超、安倍政権継続 追加公認含め3分の2

第48回衆院選は22日に投票、即日開票された。自民、公明両党は307議席以上となり、自民党が追加公認した無所属候補3人と合わせて定数465の3分の2(310)を確保した。安倍政権の継続が決定。自民党は国会運営を主導できる絶対安定多数(261)に単独で達し、大勝した。希望の党は不振で、公示前の57議席前後に届かない見通し。立憲民主党は50議席を固め、公示前の16議席から3倍以上に躍進した。共産党、日本維新の会は低調だ。
 安倍晋三首相(自民党総裁)は11月1日にも特別国会で第98代首相に指名され、第4次安倍内閣が発足する運び。

内容を読む
株式会社ライトレール 代表取締役社長/交通コンサルタント
阿部等
1

自公が勝利した226選挙区を、野党票を合算して当選判定すると、約95選挙区において野党が勝利となります。
比例区は与野党比が変らないとして、与党の314議席は約220議席と過半数割れです。


すなわち、野党が一本化されていれば、小泉進次郎さんが話した通り、政権交代していました。


小泉進次郎氏「野党が一つにまとまっていたら、政権交代の可能性もあった」自民勝利に警鐘

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル