2017/12/19

大戸屋、年末年始の休業店増やす 働き方改革推進

 「大戸屋 ごはん処」を展開する外食大手の大戸屋ホールディングスは18日、大みそかと元旦に休業する店舗を増やす方針を明らかにした。人手不足を背景に、働き方改革を推進する。
 今年の大みそかと来年元日に休業する直営店舗を約150店中、80店に増やす。前期は大みそかにほとんどの店舗が営業し、元日は約40店が休業していた。
 同社はこの日、顧客と従業員の健康に焦点を合わせた事業戦略を公表した。東京都内で記者会見した窪田健一社長は年末年始の営業について「無理をして働き手を集めるよりも、従業員にも健康であってほしい」と述べた。

内容を読む
早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール准教授
入山章栄
0

こちらのニュースについて早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄さんにお話しいただきました。詳しくはこちらをクリック(※聴取期限は1週間です。)

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

タイムテーブル