2018/7/31

検証委、処分解除を提案へ 日大アメフット問題

日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、関東学生連盟の検証委員会が、公式試合の出場資格を停止されている日大の処分解除を理事会に提案する方針であることが30日、複数の関係者への取材で分かった。関東学連は31日の臨時理事会で答申を協議し、秋のリーグ戦出場の可否を判断する。
 5月に危険なタックルをして関西学院大の選手を負傷させた日大は、2018年度シーズン終了までの公式試合に出られなくなった。
 日大は17日に関東学連にチーム改善報告書を提出。内田正人前監督らの反則指示を認めて謝罪し事件当時の監督、コーチら指導陣を全て排除して体制を一新したことを強調。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル