2018/1/10

カヌー選手、ライバルに禁止薬物 東京五輪代表争いで妨害

日本カヌー連盟は9日、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大選手(32)が、大会中に小松正治選手(25)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤を混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となったと発表した。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手に8年間の資格停止処分を科すとともに、暫定的な資格停止となっていた小松選手の処分を解除した。
 ともに昨夏の世界選手権(チェコ)に出場し、2020年東京五輪を目指すトップ選手で、異例の事態。東京五輪に向けてドーピング対策の徹底が求められる中、開催国として大きなイメージダウンとなった。

内容を読む
タイムテーブル