2018/1/24

日本生命社長に清水氏 市場縮小や低金利に対応

日本生命保険は、筒井義信社長(63)が代表権のある会長に就き、後任に清水博取締役専務執行役員(56)を充てる人事を固めたことが23日分かった。4月1日付。若返りを図り、人口減少による国内市場の縮小や低金利の継続といった厳しい経営環境に立ち向かう。
 岡本圀衛会長(73)は相談役に退く。 清水氏は理学部卒業でリスクに応じた保険料などを算出する業務に携わり、商品開発部長などを歴任。日本生命では、理系出身者の社長就任は近年では異例だ。
 清水 博氏(しみず・ひろし)京大卒。83年日本生命。取締役常務執行役員などを経て、16年から取締役専務執行役員。

内容を読む
タイムテーブル