2018/1/25

首相「自衛隊明記は責任」 9条改憲の議論促す、代表質問

安倍晋三首相は24日に始まった衆院本会議の代表質問で、憲法9条に自衛隊の存在を明記する自身の改憲案について「自衛隊員に、憲法違反かもしれないが何かあれば命を張ってくれと言うのは無責任だ。議論が行われる余地をなくすことが私たちの世代の責任ではないか」と述べ、各党の議論を強く促した。立憲民主党、希望の党は首相の改憲方針に反発した。今国会の焦点となる「働き方改革」関連法案を巡っても与野党対立が鮮明となった。
 9条への自衛隊明記案に関し、首相は「自衛隊の任務や権限に変更が生じることはない」と説明した。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル