2018/1/26

米大統領、TPP復帰検討 方針転換「条件有利なら」

【ダボス共同】トランプ米大統領は25日、スイス・ダボスで行われた米CNBCテレビのインタビューで、環太平洋連携協定(TPP)への復帰を検討する用意があると表明した。復帰を完全否定する政権の従来方針を大転換し、「米国にとってより有利な条件になるならば、TPPをやる」と語った。トランプ氏が復帰に言及したのは初めて。復帰には再交渉が必要になる可能性がある。
 米国の復帰が実現すれば、アジア太平洋地域をカバーする貿易・投資ルール確立というTPPの本来の目的が達成される。トランプ氏は大統領就任直後の昨年1月、TPPから永久に離脱するとの大統領令に署名した。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル