2018/2/27

米、北朝鮮の非核化前進か見極め 「対話用意」表明で近く接触も

 【ワシントン、ソウル共同】米ホワイトハウスは25日、北朝鮮代表団が韓国の文在寅大統領との会談で米国と対話する「十分な用意がある」と表明したことに関し「非核化への第一歩を示しているのか見極める」との声明を発表した。米政府は圧力によって北朝鮮が対話を申し出てくるのを待っていた。北朝鮮の真意を探るため近く接触する可能性もある。
 声明はただ、韓国を含めた国際社会は「北朝鮮との交渉結果は非核化でなければならない」との認識で一致していると強調、「最大限の圧力」を維持し、核放棄を迫る方針を示した。接触が実現しても、激しい応酬となるのは必至だ。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル