2018/3/01

裁量労働制は今国会断念、首相打撃 働き方法案から切り離し指示

安倍晋三首相は28日夜、官邸で加藤勝信厚生労働相らと会談し「国民に疑念を抱かせた」として、働き方改革関連法案から裁量労働制の対象拡大の部分を切り離すよう指示した。その上で「働き方改革はアベノミクス最大のチャレンジで、今国会最大の重要法案だ。必ず今国会で成立させる」と強調した。会談後、加藤氏は、裁量制に関する法案について、今国会への提出を断念する考えを記者団に示した。不適切データ問題への批判が強まる中、理解は得られないと判断した。
 働き方法案は安倍首相が掲げる今国会の目玉法案。骨格部分が切り離されることで、政権への大きな打撃となるのは必至だ。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル