MAX・邦丸 Ride on Boat

tweet

4月30日の放送

5月6日(土)東京・品川・ステラボール、
5月14日(日)なんば・味園ユニバースで
「MAX LIVE CONTACT 2017~Foxy Lady~」が
行われます。
    
ライブにはREINAさんも参加。
REINAさんが最初から最後までライブに出るのは
実に6年ぶりということで凄く緊張しているそう。

Minaさんも一時期、MAXを離れて
久しぶりのライブを迎える時は緊張一杯だったとか。
Linaさんの「大丈夫、大丈夫」という言葉に
物凄く励まされたそうです。
ライブの一週間くらい前は
シャンプーの前にトリートメントをしたりと
ハチャメチャになっちゃうんだとか。

4人揃っての久しぶりのライブ、
みなさん、是非ご覧になって下さい!

DSC_0013.JPG

「ボートレース学びMAX!」は
ボートレーサーが大会に参加する前、
レース期間中、どんなふうに過ごしているのか、
お伝えしました。

レースに出場する選手たちは、
大会がはじまる前の日にボートレース場に集合します。
到着すると、私物のチェック、身体検査などを受け、
スマートフォンなどの通信機器は
レース場に預けることになるんです。

昼間のレースなら正午まで、
ナイターレースなら午後4時までに
ボートレース場に到着しなくてはなりません。
1秒でも遅れるとレースに参加できないばかりか、
その後の大会でもレースに出場できなくなるなど
重いペナルティが課せられるんです。

すべての選手が集合したら、
ボートとモーターの抽選を行います。
抽選のあと、ボートとモーターを受け取ると、
試運転やスタートの練習、タイムの測定などを行います。

そして選手たちは整備室と呼ばれるモーター整備場や
プロペラ調整場、控室などで過ごし、
レースへの準備を整えます。
レースの合間には、試運転を行なって、
モーターを仕上げていくんです。

この時、選手たちは、
モーターやプロペラの整備を自分ひとりで行ないます。
前検日に割りふられたモーターの特徴を瞬時に判断し、
レース場の特徴や天候、さらには自分の戦法など、
さまざまな要素を考えながら
モーターとプロペラを仕上げていくんです。

レースになれば、各選手、
みんなで協力してボートを陸にあげたり、
片付ける時も先輩、後輩、関係なく、作業を行います。
水面を走ったあとも、選手たちは走り回り、
常に動いているといった感じなんです。

大会期間中は外部との接触を断つため、
ボートレース場以外では専用の宿舎で生活することになります。
レースが終わったあとは、雑誌を読んだり、
DVDを観たりして過ごす選手が多いそうです。

公平・公正なレースを行うために
さまざまな規則があるんですね~。

4月23日の放送

地ビールの日ということで
ビールやお酒をテーマにお送りしました。

Nanaさんの一杯目はビール。
新幹線の中でもひとりで
「ごくろうさん」と良く飲むそうです。
酔うとハイテンション&フレンドリーになるので
知らない間にLINEを交換しちゃうそうです。

Minaさんはお酒を飲まないので、ビールについて
「何であんなに苦いのを飲むの?」と思ってるそう。
Linaさんはビールの炭酸が苦手で
飲むとお腹が膨れて食べられなくなってしまうそう。
シャンパンは大好きなので、何杯でもOK。
Linaさんも酔うとテンションMAXになるそうです。

DSC_0012.JPG

「ボートレース学びMAX!」では
ボートレース場のグルメについてお伝えしました。
ボートレース場と言えば、お手軽でおいしいB級グルメ!
じっくり煮込んだモツ煮やおでんなど種類も豊富なんです。

先月、この番組の公開イベントで
東京の江戸川ボートレース場に行ってきたMAX。
カラっと揚がったアジフライを食べたそうで、
「おいしかった」と絶賛しておりました。
残念ながら、おでんは食べられなかったんだとか。

ほかにも東京の平和島ボートレース場の「もつ煮込み」、
多摩川ボートレース場の「牛炊」、
兵庫の尼崎ボートレース場の「多幸焼」など
おいしいものには事欠きません。

ボートレース場に足を運んでグルメはもちろん、
迫力満点のレース、是非堪能して下さい!

4月9日の放送

4月9日で四苦八苦...「思うように行かないこと」
というテーマでお送りしました。

Minaさんの思うように行かないことは子育て!
中学3年になったお兄さんは落ち着いたものの
中学1年になった娘さんの反抗期が凄い!
遠慮せずカチンと来る言い方なんだそうです。
MAXのみんなも母親とは本気のバトルがあったとか。
まわし蹴りしたり、されたりすることもあったみたいです。

DSC_0006.JPG

Linaさんはロサンゼルスで毎日が四苦八苦だったそう。
ジムでストレッチしていた時に
男性が「床でやって汚くない?」と声をかけたあと、
そばにマットを敷いてくれたそうなんです。
「サンキュー」と答えたら「それ、俺のだよ」と言われてしまい、
謝るLinaさん。英語に四苦八苦だったようです。

Nanaさんは芝居のセリフを覚えるのに四苦八苦中。
移動中、マスクをしながらセリフを言ってた時は
隣の席の人に「はぁ~」と思われたそうです。

「ボートレース学びMAX!」は
4月11日・火曜日から三重県の津ボートレース場ではじまる
「マスターズチャンピオン」についてご紹介しました。
「マスターズ チャンピオン」はボートレース界の名人たち、
ベテラン選手によって競われるレース。
レースのグレードは上から2番目のG1で、
なかでも特別なプレミアムG1レースになるんです。
優勝賞金は一千万円!
    
出場するのは、48才以上の選手ばかり。
ボートレースは、野球やサッカーといった
ほかのプロスポーツと違って40代、50代は当たり前。
60代の選手も現役バリバリで活躍しているんです。
しかも年齢と経験を積み重ね、
熟練の技を持つ選手たちが繰り広げる
「マスターズ チャンピオン」。
とっても見ごたえのある、名人たちならではの走り、
テクニックを見られるレースなんです。

「マスターズチャンピオン」が行われる
三重県の津ボートレース場には、
おいしいグルメもたくさんあります。
それから資格を持った保育士さんのいる
「女性・子どもルーム」もあるんです。
小さなお子さん連れでも安心して楽しめますよね。

4月11日・火曜日から三重県の津ボートレース場ではじまる
プレミアムG1レース「マスターズチャンピオン」。
4月16日・日曜日に行われる優勝戦の模様は、
文化放送をキーステーションに全国ネットで中継します!
また「マスターズチャンピオン」については
「BOATRACE RADIO GIRLS」のサイトでもお伝えしますので、
この番組のホームページ、もしくは文化放送のトップページにある
バナーをクリックしてアクセスしてみて下さい!

4月2日の放送

今回は4月3日、「シミ対策の日」ということで、
お肌の話で盛り上がりました。

何にもない時は肌を休ませるために
スッピンでいることが多いと話す3人。
昔はスッピンでパーティーに行くこともあったそうですが、
「今は絶対無理!」と大きな声で話していました。

DSC_0016.JPG

3人揃ってお肌のシミに関しては気にしていて、
「子供時代を過ごした沖縄は紫外線が強い。
眠っているシミが来るのが怖い」と
心配そうに話しておりました。
さらに「スッピンでいられるのは若いうち、
年取ると出来なくなるから」と若者たちへメッセージも。

「ボートレース学びMAX!」には
BOATRACE RADIO GIRLSの加納有沙さんが登場。
新年度がスタートしたばかりということで、
3つの「スタート」を伝えてもらいました。
ひとつ目は、ボートレースの大きな特徴でもある
「スタート」について!

ボートレースは6つのボート、白の1号艇、
黒の2号艇、赤の3号艇、青の4号艇、黄色の5号艇、
そして緑の6号艇でゴールを競うスポーツ。
レースは時計と反対の左まわり、3周行われるんですが、
陸上競技のように「よーいドン」というスタートではありません。
大時計の針が0秒から1秒を指す間に
スタートラインを通過しないといけないんです。
   
ほかのボートより早くスタートラインを越えれば
当然、有利にレースを進めることができますけど、
ちょっとでも早すぎたり、遅すぎたりすると失格。
しかも一定期間、レースに出られなくなってしまうんです。

ボートが走っている時間は、わずか2分ほど。
この2分間に選手同士のかけひきや、
思いも寄らぬドラマがギュっと詰まっているんです。
ボートレースをご覧になる時は、ぜひ、
スタートに注目してみて下さい。

ふたつ目にご紹介するスタートは、
加納さんがメンバーを務めている
「BOATRACE RADIO GIRLS」のホームページ。
リニューアル・スタートすることになったんです!
 
これまで通りボートレースに関する情報はもちろん、
加納さんの大好きな食べ物のレポート、
「食レポ」などの話題も満載になるんです。
それから、この番組をはじめ、
ボートレーサーのラジオ出演情報、
ボートレースに関する番組の情報を掲載。
クリックするだけで「ラジコ」にアクセス出来る機能が
プラスされるんです。

「BOATRACE RADIO GIRLS」のホームページ、
リニューアル・スタートは4月中旬頃からの予定です。
文化放送、そしてこの番組のホームページにバナーがあるので、
ぜひアクセスしてみて下さい!

みっつ目に紹介するのは今年のボートレースのCMソング
「見えないスタート」です。
ベートーベンの三大ピアノソナタのひとつ、
「悲愴」をアレンジした曲。
CMでは前半を渡辺直美さん、
後半は歌手のBENIさんの歌声に切り替わる形で
オンエアしているんです。
ボートレースのCMソング「見えないスタート」、
みなさんチェックしてみて下さい。

TOPへ戻る