MAX・邦丸 Ride on Boat

tweet

9月24日の放送

9月24日は「畳の日」ということで、
和風、洋風、どっちがいいかについてトーク。
和室に欠かせない畳ですが
3人とも現在の住まいに畳の部屋はないそう。

Minaさんの息子さんは「和室がかっこいい」とのことで、
畳のある部屋を希望しているみたいです。
そしてMinaさんは子供の頃、
家の畳をあげるのが楽しみだったそう。
理由は「時々、小銭が出てくる」から。
Nanaさんは畳の香りが好きで
お風呂を和風にしたいそうです。
そしてLinaさんは「和室にジャグジー作りたい!」と
大胆なアイデアを披露してくれました。
3人とも甘いものは年々、和風好みになってきたそうです。

「ボートレース学びMAX!」では
ボートレースの収益金がどんな形で社会に役だっているか、
ご紹介しました。

無題.jpg

ボートレースの収益金、
実はさまざまな社会貢献の事業に使われているんです。
例えば、尼崎ボートレース場のある兵庫県の尼崎市では、
ボートレースの収益金、市内の小学校と中学校、
そして市立高校の整備、例えば統廃合で学校を解体したり、
校舎を増改築したり、老朽化したプールの改築や
空調の改修などに使われているんです。

ボートレースの収益金は、
お城の修復工事に使われることもあるんです。
唐津ボートレース場のある佐賀県唐津市には、
唐津城というお城があるんですが、
こちらの修復工事にボートレースの収益金が使われました。
今年7月22日には唐津城天守閣がリニューアルオープン。
  
丸亀ボートレース場のある香川県丸亀市では、
「丸亀うちわ」の伝統の技を
ボートレースの収益金によって守っています。
どういうことかというと、後継者不足に悩む
「丸亀うちわ」の伝統を残すために、
「うちわの港ミュージアム」が作られているんですが、
こちらの施設の助成にボートレースの収益金が貢献しているんです。              

ほかにも、災害復旧、公害対策、美術館、体育館、
運動施設の建設など、さまざまな社会貢献事業に
ボートレースの収益金は使われています。
こういう話を聞くと、舟券がハズレても、
「まぁ、いいか」って気持ちになってきますよね。

TOPへ戻る