MAX・邦丸 Ride on Boat

tweet

2月4日の放送

今回は雪をテーマにお送りしました。
3人とも雪を初めて見たのは東京に来てから。
Nanaさん、Minaさんは渋谷のスタジオで
レッスン中に窓から雪が降っているのを目撃して大興奮。

Linaさんは初めて雪を見た次の日、
うれしくなって雪が積もっているところに
ダイブしたんだとか。
プライベートで札幌の雪まつりを見に行ったことも
あるそうです。

3人とも、雪で作るかまくらに入ったことがないので
いつか作って入ってみたいとも話していました。

「ボートレース学びMAX!」はG1レース
「地区選手権」についてお伝えしました。
「地区選手権」は、全国を関東・東海・近畿・中国
四国・九州の6つの地域に分けて行うレースで、
地区別のチャンピオンを決める大会です。

DSC_0025(1).jpg

「地区選手権」の大きな特徴は、
SGやG1で活躍する各地の主力選手が
それぞれの地域に分かれて戦うところ。
各支部、選りすぐりの強い選手たちが
熱い戦いを繰り広げるレースなんです。
優勝すると、来月行われるSGレース
「ボートレースクラシック」に出られるとあって、
白熱したレースが期待できるんです!

最初に始まるのは関東地区選手権。
今月8日・木曜日から、
東京の江戸川ボートレース場で行われます。
去年は江口晃生選手が優勝しました。
  
続いて9日・金曜日から始まるのは四国地区選手権。
香川県の丸亀ボートレース場でナイターレースで行われます。
去年、大会を制覇したのは田村隆信選手です。

今月10日・土曜日からは東海地区選手権。
舞台は愛知県の常滑ボートレース場で、
去年は井口佳典選手が優勝しています。

今月14日、バレンタインデーの水曜日からは
近畿地区選手権が滋賀県のびわこボートレース場でスタート。
去年優勝したのは今垣光太郎選手。
   
今月15日・木曜日からは九州地区選手権。
福岡県の若松ボートレース場でナイターレースで行われます。
去年は田頭実選手が勝ちました。
    
そして今月16日・金曜日から始まるのが中国地区選手権。
会場は岡山県の児島ボートレース場。
去年は茅原悠紀選手が優勝しています。

白熱したバトルを楽しめる「地区選手権」、
是非、お近くのボートレース場に足を運んで、
生で観戦してみて下さい!

TOPへ戻る