BR公式SNSページ

tweet

2月11日の放送

この時期、寒さや乾燥で病気が気になりますよね。
そこでMAXのみんなに病気対策を聞いてみました。

Nanaさんは手洗い、うがいは基本で、
家では加湿器を使っているそうです。
Minaさん、Linaさんは睡眠。
特にMinaさんは少しでも空いた時間があると
意識して睡眠を取るようにしているんだとか。

Linaさんは若い頃、不摂生がたたって
大事な仕事の時に熱を出すこともあったらしく、
紅白歌合戦の本番直前にお尻に注射を打って
唄った経験もあると話してくれました。

病気や体に気を使うようになって
3人とも今のほうが健康的なんだそうです。

DSC_0036(1).jpg

「ボートレース学びMAX!」は
「平成29年優秀選手」をご紹介しました。    

毎年、日本モーターボート競走会は、
およそ1600人いる選手の中から、
1年間に渡って活躍した選手を表彰しているんです。
今回は誰が選ばれたんでしょうか・・・

「最優秀選手」、「最多賞金獲得選手」、
「記者大賞」の3冠に輝いたのは
埼玉の桐生順平選手。
桐生選手はどれも初めて受賞しているんです!
桐生順平選手は「ボートレースクラシック」、
「グランプリ」で優勝し、
2億1200万円以上を稼いで賞金王に。
年間を通じて最も優秀な成績を記録しているんです。
 
「最高勝率選手」に輝いたのは佐賀の峰竜太選手。
峰竜太選手の受賞は3回目!
もっとも高い勝率8.36を記録しているんです。
去年は「オーシャンカップ」でSG初制覇と活躍しました。

「最多勝利選手」は
滋賀の吉川昭男選手がはじめて選ばれました。
吉川選手は、去年、どの選手よりも1着を多く獲っていて、
その数、実に124回。1年で124回も1位って凄いですよね。

「優秀女子選手」に初めて選ばれたのは滋賀の遠藤エミ選手! 
去年は「クイーンズクライマックス」制覇をはじめ、
女子の中で獲得賞金1位と期待に応える成績を残しました。
    
「最優秀新人選手」に選ばれたのは
福岡の羽野直也選手・22歳。
平成生まれ初のG1制覇をはじめ、
大活躍した羽野直也選手、
「最優秀新人選手」、初めての受賞です。

最後は「特別賞」。
大阪の石野貴之選手と静岡の長嶋万記選手が選ばれました。
石野選手の受賞は2回目で「ボートレースオールスター」、
「グランドチャンピオン」のふたつのSGを連覇。
獲得賞金4位と活躍。
長嶋選手は女子選手の中で、勝率、1着回数、優勝回数が1位。
さらに長年にわたり様々な社会貢献・福祉活動を行い、
広く社会公益に貢献したことも評価されての受賞でした。
   
今年はどの選手が活躍するんでしょうか?
ぜひボートレース場に足を運んで、
みなさん、確かめてみて下さい!


※この日は文化放送の放送はありませんでした

TOPへ戻る