MAX・邦丸 Ride on Boat

tweet

7月8日の放送

7月8日は那覇の日ということで、
那覇をテーマにトークしました。

3人曰く那覇は東京で言うと渋谷のような街で、
沖縄で一番栄えている場所。
Minaさん、Linaさんは那覇市出身なので、
そこまで意識することはなかったそうですが、
Nanaさんは那覇に出かける時は気合いを入れて、
おしゃれして行くところと思っていたそうです。

先日、Nanaさん、Linaさんは仕事で那覇へ。
国際通りにあるボートレースのアンテナショップに
寄ってきた話も披露してくれました。

「ボートレース学びMAX!」には
ボートレース界で最も若い、最年少レーサー
平川香織選手にお越し頂きました。
平成12年、2000年生まれと聞き、一同ビックリ。

とっても若い平川香織選手ですが、
物凄くしっかりしていて、
質問に対してひとつひとつ丁寧に答えてくれました。

平川香織選手は6歳の時から
フィギュアスケートをしていて、
いまも活躍している樋口新葉選手、
本田真凜選手と競っていたんです。

DSC_0041[1].JPG

そんな平川選香織手がボートレーサーを
目指すようになったのは、中学2年の時。
当時、活躍していたレジェンド、加藤峻二さんと、
当時、最年少レーサーだった大豆生田 蒼選手のレースを見て、
幅広い年齢、世代が活躍していることを知り、
フィギュアスケートからの転身を決意したんです。

実はいま、126期のボートレーサーを募集中!
レーサーになるための試験は「一般試験」と
「特別試験」の、ふたつあります。
応募にあたって、いくつか条件があるんです。
一般試験の場合、応募出来る年齢は15歳以上30歳未満。
身長は175センチ以下となっています。
   
体重はかなり軽くないとダメなんです。
男子の応募条件は47キロ以上57キロ以下。
女子は42キロ以上50キロ以下。
そのほか、視力や聴力なども応募の条件となっています。

また一般試験には、スポーツで優秀な実績を持つ人を対象とした
「スポーツ推薦試験」があるんです。
これはスポーツ活動において
すぐれた実績を収めた人を対象に行うんですが、
平川香織選手が受けたのが「スポーツ推薦試験」なんです。

「特別試験」はモーターボートをはじめ、
モーターサイクルスポーツ、スキー、スノーボード、
体操競技、ボクシングなどさまざまなスポーツ界から、
すぐれた身体能力を持っている逸材を集めるための試験です。

例えば、モーターボートの「全日本K400選手権大会」で
3年以上連続して3位以内に入っている人。

スキー、スノーボード、または体操競技の場合、
オリンピック、そのほかの世界大会の日本代表に選ばれた人。

そして日本ボクシングコミッション公認A級ライセンスの資格を取得し、
日本ランキング5位以内の人などが、「特別試験」を受けられるんです。
「特別試験」の場合、年齢は15歳以上で上限はありません。
身長も何センチでもOKです。

今回、募集人数は50人程度。
「一般試験」の締め切りは9月7日・金曜日、
そして「特別試験」の締め切りは8月31日・金曜日です。
ボートレーサーになってみたい方、
知り合いにピッタリの人がいるという方、
ボートレースのオフィシャルWEBをチェックして、
ぜひチャレンジして下さい。
平川香織選手には来週もご登場頂きます!

TOPへ戻る