BR公式SNSページ

tweet

11月11日の放送

11月11日は「いい買い物の日」ということで、
買い物をテーマにトークしました。
3人とも最近は買うかどうかを決める時、
迷うことが多いとのことでした。

Nanaさんはワンピースを買うかどうか迷った時、
キープしなかったため
最後の一着を別の人が試着するところを目撃する羽目に。
結局、その人が買ってしまい悔しい思いをしたそうです。
Minaさんは最近ネットショッピングで
シルバーのブーツをゲット。
ステージでも履けるアイテムで大当たりだったそうです。
Linaさんはワンちゃん用に買ったドライヤーが優れもので
シャンプーしたあと乾かすのがとても楽になったとか。

「ボートレース学びMAX!」は
平成生まれとして初めてのG1タイトルホルダー、
羽野直也選手とボートレースアンバサダー、
植木通彦さんにお越し頂きました。

IMG_0009[1].JPG

羽野直也選手は福岡県出身で現在23歳。
2014年5月、福岡県の若松ボートレース場でデビュー。
2016年7月に初優勝を飾り、
去年は優勝戦に10回進出してG1制覇を含め4回優勝と大活躍!
平成生まれのボートレーサーで最初にG1レースで優勝したのが
羽野直也選手なんです!
こうした活躍が認められ、昨年の最優秀新人選手に輝きました。

Linaさん曰く「ロンバケの頃のキムタクっぽい」と
イケメンの羽野選手に女性陣全員メロメロでした。
実は羽野選手が訓練生の頃、
植木さんがボートレーサー養成所の校長を務めていたり、
はじめて羽野選手がG1で優勝した時の大会で
植木さんがプレゼンターを務めたり、縁のあるお二人。

羽野選手が高校生の時にボートレースと出会い、
レーサーを目指すようになったこと。
高校時代は野球部でセカンドを守っていて、
同じ高校の野球部の先輩がトップレーサーのひとり、
瓜生正義選手だったこと。
訓練生の頃、掃除の時間に遅れてしまい
反省文を書かされたことなど、
いろんなエピソードを教えてもらいました。

来週も羽野直也選手、そしてボートレースアンバサダー、
植木通彦さんにお越し頂きます!

TOPへ戻る