©Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved

person

代表取締役社長 上口 宏 Hiroshi Kamiguchi

社会の窓を開けようとしているあなたへ~~~「時分の花・まことの花」~~~

 能の世界で有名な「世阿弥の風姿花伝」の中に、「時分の花・まことの花」という「ことば」があります。
人間の成長を自然界にある「花の成長」に例えた有名な言葉です。「時分の花」とは、若い生命が持つ鮮やかで魅力的な花を指す言葉だといいます。しかし、それは「まことの花」でなく、その時だけに輝く花であり誰でも等しく、人生の中で通過する一刻(瞬間)に咲かせる花です。時刻(とき)は過酷で、あっという間に過ぎ去ります。
一方、「まことの花」は自分という木全体が枯れていくとしても、そこで密やかに咲き続ける本質的な花です。今という時代に生きる貴方が持つ「若い感性」と「柔軟な理性」を将来咲き続ける花芽として、大事に育てて下さい。

 「今という時代」は、急激に変化する「ドラスティックな環境変革」の真只中にあります。極論すれば「全ての価値」がリセットされたうえで数値化されデータ判断に供される時代です。マーケティング用語に「データドリブン」という言葉があります。デジタル化とインターネットによって得られるデータを活用し、消費者のニーズを掴もうとするものです。大量生産を大量広告で宣伝する「ナショナルブランド」が謳歌した時代は終わり、デジタル革命でSNSなどを通じた個人の評判と信頼が重要な「バズマーケティング」の時代になりました。従来の広告手法が、ダイバーシティの時代には通じなくなりました。

 この様な時代、放送局である我々も、このデジタル時代にあった「新たな価値を生み出す創造」を目指しています。その為にも、音声媒体ラジオを通じて新しい時代を切り拓いていく仲間を求めています。

ラジオを聴いていないが自己実現のために、エンターティンメント創造に熱い想いを持つ貴方を待っています。一緒に新しい「まことの花」を咲かせましょう。