©Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved

person

編成制作部

番組ごとの時間配置や「より大勢の方に文化放送を聴いていただくための方針と戦略」を立案する編成グループと、編成方針に沿いながら一つ一つの番組を工夫を凝らして制作し、よりよいコンテンツをリスナーに提供する制作グループに分かれています。
編成制作部は編成と制作という2つのグループが緊密に連携しながら常に新たなジャンルの企画にチャレンジし、一歩先を行く番組を創造し世の中に発信するため、日々奮闘する“プロデュース&クリエイティブ”集団です。

営業部

広告主が発信したいメッセージを効果的に伝えるため、文化放送のメディア特性や強みを生かした企画を総合的に“プロデュース”します。企画が採用されると、社内各部門への指示系統の先頭に立ち、最後まで責任を持って進行を管理します。
毎日多くの人と会い、情報交換をしたり、企画提案を行う作業は膨大なエネルギーを必要としますが、仕事を通じて培った信頼が大きな売り上げに結びついたり、思いもかがけない波及効果をもたらした時の喜びは営業マンの醍醐味です。

営業推進部

刻々と変化するクライアントニーズを把握し、時代に適した企画を立案する営業局の指令塔です。
社会の動きと顧客ニーズを踏まえた「戦略立案機能」、営業部と他部署との「調整機能」、CMの送出デザインを行う「運行機能」、新しいソリューションの「開発機能」、そして放送の効果やリスナーの傾向のデータ化、営業マンの支援を行う「ブレーン機能」…。
これらを統合的に行う放送ビジネスの“プロデューサー”集団です。

報道スポーツセンター

政治・事件・経済・国際情勢からエンタメ情報まで、あらゆる取材を手掛ける報道グループと、ナイター、駅伝、サッカー、そして公営競技中継まで、幅広いスポーツコンテンツの制作に当るスポーツグループの2つのグループに分かれています。
また、報道グループもスポーツグループもそれぞれ得意分野を生かしながら生ワイド番組の制作も担当しています。
報道スポーツセンターはラジオメディアにとって不可欠かつ重要なLIVEコンテンツであるニュースとスポーツ中継を制作し発信する“プロデュース&クリエイティブ”集団です。

A&G事業部

A&Gとは「アニメ&ゲーム」の略。声優やアニソンシンガーをパーソナリティに起用し、特化したコンテンツを200近く、世の中に送り出しています。その多くが、文化放送のインターネットストリーミングチャネル「超!A&G+」にて配信されており、番組制作以外にも関連グッズの作成やイベントの実施などに取り組む“プロデュース&クリエイティブ”集団です。

ビジネス開発部

文化放送の新規事業やインターネット関連の業務を担当する部署。文化放送のWEBサイトの運営や近年話題のスマートスピーカー向けのコンテンツ制作や、出資案件を行う。
これまでのラジオの経験をもとにまだ経験したことのない未知の分野、新しい領域へ積極的に取り組んでいく“プロデューサー”集団です。

技術・システム部

文化放送の放送機器のほぼすべてを管轄するセクションです。
AM・FM・超!A&G+など多様な形態を持つ文化放送の放送システムの安定送出・運用を一手に担っています。
スタジオや送信所の保守・点検から番組ミキシング、各種中継業務、番組やCMの送出管理を行うマスター(主調整室)業務など、放送の安全と安定、発展に関する技術的な業務を担当し、よりよい放送の実現を日々目指し続ける“プロデューサー”集団です。

経営戦略室

文化放送の10年先を見据えて企業戦略をグランドデザインするセクションです。
社内外のネットワークを活用しアクティブかつ冷静な判断を求められる“プロデューサー”集団です。

総務部

文化放送の社屋から備品までをトータルに管理しながら最適な人員配置や採用を担当。
物心にまたがるバックヤードの精鋭として働く社員をサポートする“プロデューサー”集団です。

財務部

企業活動の基礎となる予算を担当。資金・資産を運営し財政面のヘッドクオーターとして文化放送の根幹を支える“プロデューサー”集団です。