インターネットで今すぐ聴くradiko.jp

トピックストピックス一覧一覧

日本民間放送連盟賞(ラジオ報道部門)最優秀賞
『アーサー・ビナード「探しています」』が、書籍化!
『知らなかった、ぼくらの戦争』アーサー・ビナード編著
3月30日(木)小学館より発売

詩人アーサー・ビナードが戦争体験者の証言を訪ね歩く文化放送の『アーサー・ビナード「探しています」』(2015年4月~2016年3月放送)の書籍化が決定しました。タイトルは、『知らなかった、ぼくらの戦争』。3月30日(木)小学館より発売されます。

20170316アーサービナードが本を発売_cover.jpg平和」って、無知のままでいること?
「戦後」って、いつの戦争のあと?
アメリカ出身の詩人アーサー・ビナード氏が、日本人の太平洋戦争体験者たちを訪ね歩き、戦争の実態と、個人が争いから゛生き延びる知恵゛を探ります。
登場する語り手は、真珠湾攻撃に参加したゼロ戦の元パイロット、学徒として「毒ガス島」で働いた女性、戦後GHQで働いた元事務員など、実にさまざま。日本人以上に日本社会に詳しいビナード氏が、自身の受けたアメリカの教育とも照らし合わせながら戦争に対する考察を深めます。
2016年日本民間放送連盟賞・番組部門[ラジオ報道番組]最優秀賞を受賞した、文化放送『アーサー・ビナード「探しています」』を採録して再構成した書籍です。

【おもな構成内容】
●戦後ってなに?―― 前書きにかえて
●アーサー・ビナードの義母・栗原澪子 「戦争に勝つとゴムマリが来る」
●スガモ・プリズンから再軍備反対を訴える手紙を出した、元BC級戦犯・飯田進
●満州からの引き揚げ体験を語る・ちばてつや
●沖縄戦を生き抜いた・大田昌秀
●「敵性語」を学んで人生を切り開いた・郡山 直
●「模擬原爆」投下の実態を明らかにした・金子 力
●「どきどき」と流れにのっていった、当時の世相について語る・高畑 勲
●戦後づくり―― 後書きにかえて

【書籍『知らなかった、ぼくらの戦争』概要】
●著者:アーサー・ビナード 編著
●定価:1,500円+税
●発売日:2017年3月30日(木)         
●出版社:小学館
●仕様:単行本(256頁 四六判ソフトカバー)

20170316アーサービナードが本を発売_アーサー写真_OKA_1479.JPG【アーサー・ビナード】
詩人。1967年、米ミシガン州生まれ。
1990年大学卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、『日本語ぽこりぽこり』(小学館)で講談社エッセイ賞、『ここが家だ―ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞。絵本に『さがしています』(童心社)など。

※新番組『アーサー・ビナード 午後の三枚おろし』4月3日(月)スタート! (毎週月~金 午後5時34分から放送)